設楽悠太が16年ぶりに日本新記録を樹立した8つの理由とは?(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

2位の設楽悠太(26、Honda)が2時間6分11秒の日本記録でフィニッシュすると、プレスルームでは拍手が沸き起こった。5位(日本人2位)の井上大仁(25、MHPS)も2時間6分54秒で走破。同一大会で複数の日本人選手が2時間6分台をマークしたのは初の快挙だった。合計9名もの日本人ランナーがサブ10を達成するなど、東京マラソン2018は日本陸上界にとって歴史的なレースになった。

 従来の日本記録は2002年10月のシカゴマラソンで高岡寿成(現・カネボウ監督)がマークした2時間6分16秒。今回の東京マラソンで約16年ぶりに日本記録が更新されたことになる。
前日本記録保持者となった高岡は、「タイムには気候、ペース、ライバル、調子など様々な要素が絡んできます。それらが一致したときに、素晴らしい記録がでる。今回、日本記録が誕生した一番の要因は、先頭グループでレースを進めることができたことだと思います」と分析した。

今回のレースを細かく見ていくと、設楽が日本記録まで到達できた様々な理由が浮かび上がってくる。まずは天候に恵まれた。10時の気温は6.0度。日差しがなく、風もほとんどなかった。市民ランナーにとっては少し肌寒かったが、トップランナーにとっては絶好のコンディションだった。

前回覇者で世界記録(2時間2分57秒)の奪回を目指していたウィルソン・キプサング(ケニア)の体調が良くなかったことも設楽にとってはプラスに作用した。今回はファーストのペースメーカーがキロ2分54~55秒(2時間2分22秒~3分04秒ペース)、セカンドがキロ2分58秒(2時間5分11秒ペース)、サードがキロ3分00秒(2時間6分35秒ペース)に設定されていた。しかし、キプサングが精彩を欠いたため、ファーストのペースメーカーは予定通りに進まなかった。逆にセカンドのペースメーカーは1万mの日本記録保持者・村山紘太(旭化成)が務めたこともあり、ペースが安定していた。

日本記録の更新を狙っていた井上はファーストについたが、設楽はセカンドの村山につく。この“選択”が吉とでた。ファーストのペースメーカーは波があり、村山らは12km付近でトップ集団に追いついた。設楽は12kmまで井上と同じタイムで走ったことになるが、無駄な脚を使わずに済んだ。キプサングは15km過ぎに集団から脱落して、途中棄権。村山は20kmでペースメーカーの役目を終えたが、設楽はトップ集団にいたため、20~30kmまではファーストのペースメーカーの力を利用することができたのだ。

 先頭は中間点を1時間2分43秒で通過すると、30kmは1時間29分20秒。ペースメーカーが外れた後の対応も井上と設楽は違っていた。海外勢に食らいついた井上に対して、設楽は無理についていくことはなかった。給水後に引き離されたときは、「負けたな」と感じたものの、32km付近で両親の声援が届くと、盛り返す。38.3kmで井上に並び、前に出る。そして井上を引き離した。39.8kmでロンドン世界選手権5位のギデオン・キプケテル(ケニア)をかわすと、40.5kmで2時間5分43秒のタイムを持つアモス・キプルト(ケニア)を抜き去り、2位に浮上。40kmの通過は1時間59分31秒だったが、設楽は正確なタイムを把握できなかったという。

「日本記録の感触はなくて、無でしたね」というが、最後の約2kmは、家族の準備した給水ボトルを腕に巻
いて激走した。

「42kmの通過が2時間5分40秒を切ったくらいで、本当にギリギリだったので、そこからは思い切っていきました」と猛スパート。最後はトラックレースのような軽やかな走りで駆け抜けると、ゴール手前で日本記録を確信。ひとさし指を天に突きさして、歓喜のゴールに飛び込んだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします