動画をもっと見る

 平昌冬季五輪の男子フィギュアスケートで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手(23)が27日午後1時半から東京の外国特派員協会で記者会見する。

[写真]平昌五輪・男子シングルでフリープログラムを滑り終えた後、雄叫びを上げる羽生選手(YUTAKA/アフロスポーツ)

 羽生選手は昨年11月のNHK杯前日練習でジャンプの着氷に失敗し負傷した。その後は平昌五輪に照準を合わせて治療やリハビリ、トレーニングに励み、復帰戦となった五輪の舞台で金メダルを獲得。2014年のソチ大会に続く連覇を成し遂げた。男子シングルでの連覇はアメリカのディック・バトン氏以来となる66年ぶりの快挙。

 羽生選手はソチ五輪後の2014年4月にも同協会で会見している。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします