日本では書店がない自治体が増えていることが問題になっています。26日、大学生の1日の読書時間「ゼロ」回答が53%で、初めて半数を超えたという残念な調査結果が発表されました(全国大学生協連調べ)。同日には、昨年の漫画市場において、電子書籍の単行本売り上げが紙の本を初めて上回ったことも報告されています(出版科学研究所調べ)。「本離れ」の進行と電子書籍の普及、そのほかにもAmazonなどオンラインストアが勢いを付けた結果、書店は苦境に立たされ、出版業界も対応に苦慮しているようです。

一方、電子書籍やAmazonが日本よりも早く生活に浸透した米国では、今年初めに発売されたトランプ大統領の暴露本『Fire and Fury』が爆発的な売れ行きをみせています。米国の書籍文化は今、どのようになっているのでしょうか。ニューヨーク・ブルックリン在住のライター金子毎子さんの報告です。


ブルックリンの児童書専門店「Stories」を中心に広がる子育てコミュニティ。読み聞かせイベント後に子ども連れのパパやシッターさんが歓談中

今年1月5日に前倒しで発売されるやいなや、米国であっという間に大ベストセラーとなったトランプ政権の暴露本『Fire and Fury : Inside the Trump White House』。最初の1週間で140万部の注文が殺到し、3週間で22回の増刷を重ね、170万部売れたそうです。その後も2月12日の週まで、ずっと総合売上トップの座を維持していました。日本でもつい先日、満を持して翻訳版『炎と怒り トランプ政権の内幕』(早川書房)が発売され話題になっていますが、さて売れ行きのほどはいかに。

今回は、年明け早々からトランプ特需に沸いた米国の出版事情や書籍文化についてまとめたいと思います。