二刀流をスタートさせた“打者大谷”への評価とは?(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

一塁手というのは、相手チームにも顔見知りが多い。塁に出た選手と簡単な会話を交わすのが常だからだ。カージナルス時代に3年連続(2011〜13)で3割を打ち、13年にはオールスターゲームにも選ばれたアレン・クレイグ(パドレス)もそんな一人。

「まぁ、色んな選手と話をするからね」

 そのカリフォルニア州立大バークレー校出身の秀才は、「話せないけど、スペイン語も分かる」という。
「クラブハウスで毎日のように聞いているから」。そして、ラテン系選手独特の訛りの強い英語も「理解できる」と話した。

「一塁で毎日のように聞いていれば、耳が慣れてくる」

 26日(日本時間27日)、大谷翔平(エンゼルス)が、アリゾナ州ピオリア──かつて、マリナーズ時代のイチローが本拠地とし、日本ハム時代にキャンプで訪れた地──で行われたパドレス戦に「2番・指名打者」で出場し、野手デビューを果たした。

 初回、見逃しと空振りで簡単に2ストライクと追い込まれたが、3球目以降を冷静に見送って一塁へ歩くと、そこにクレイグがいた。

 彼は特に意識することなく、他の選手に声をかけるように、大谷にも話しかけた。

「How’s it going? 」 (よう、元気かい?)

 するとそのとき、大谷はこう返したという。

「Nice to meet you」(お会い出来て光栄です)

 英語で?

「そりゃあ、どうだろう(笑)」とクレイグ。「完璧な発音だったよ」。

 よって違和感を覚えることはなかったが、「そうか。1年目か?」とようやく思い当たった。

「いや、少し堅苦しい挨拶だけど、こなれた感じだった」

 同時に大谷の礼儀正しさにも感心した。

それより少し前、相手捕手で、かつてクレイトン・カーショウのパーソナルキャッチャーを務めていたA.J.エリスが、マスク越しに感心していた。

「何をしたいのか。明確な意図を持って、打席に入っているのが分かった」

 狙いを絞り、じっくりその球を待つ。好打者は、球種、コースを絞り込んで、その球を待つとされるが、エリスも大谷のそんな資質を感じ取っていたのだ。

 それは、27日(日本時間28日)に連続で出場したロッキーズ戦の1打席目にも見られた。