新幹線の台車亀裂問題で川崎重工が会見(THE PAGE編集部)

 昨年12月、東海道新幹線の台車に亀裂が見つかった問題で、製造元の川崎重工・金花芳則社長が午後7時から会見を行った。

  毎日新聞などの報道では、川崎重工が台車枠を製造する際、加工の不備でできた変形部分を整えるために下部を削っていたとされており、強度不足によって亀裂が生じた可能性が浮上している。28日午後に会見したJR西日本は、川崎重工が製造した台車枠の鋼材の厚さが基準よりも薄かったことを明らかにした。

 ※【**00:32:45】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】新幹線の台車亀裂問題 製造元の川崎重工が会見」に対応しております。

     ◇     ◇

日本経済新聞:日経新聞の【タナカ 01:04:29】と申します。2点お伺いしたいんですけれど、まず1点目、台車枠の交換ということなんですけれども、これは全て御社が費用をご負担されるんでしょうか。2点目、どの立場の方だけがご存じだったのかということをお伺いしたくて、そもそものプレスの加工不良の件について、どなたまで、どの立場の方までご存じだったのか、気付いていたという点についてどの立場の方までご存じだったのかということと、溶接時の肉盛溶接の件についてはどなたまでご存じだったのかということについて、経営幹部の方が把握されたタイミングと経緯についてもお伺いできるでしょうか。

小河原:加工不良であるという認識が職場にございませんので、これは職場内に全てとどまっておりました。所轄をしております生産技術部門といいますか、事務所部門に対しても申告はございませんでした。

【中継録画】新幹線の台車亀裂問題 製造元の川崎重工が会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします