[画像]定例会見する枝野代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は1日の定例会見で、働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大を削除することを安倍首相が表明したことについて、「いい加減なデータに基づいて法案が提出されようとしていた瑕疵が補われたわけではない。裁量労働制的な働き方のほうが労働時間が短くなるという誤ったデータに基づく議論は高度プロフェッショナル制度(高プロ)でもされてきた。同じ問題がある」と指摘し、法案に含まれる「高プロ」制も切り離し、再調査を踏まえた上で議論をやり直すべきだとの考えを示した。

【中継録画】立憲民主党の枝野代表が定例会見(2018年3月1日)

 提出予定の政府法案については、残業時間の上限規制や同一労働同一賃金など「前進部分もあるのでそういう部分は進めていくべき」と評したが、残業の上限時間が「100時間」とされていることに対して「過労死ラインを超えている」と疑問を呈し、より短い上限時間を設ける努力をするとした。

 働き方改革に関して取りまとめ作業を進めている対案については、「長時間労働の規制、インターバル規制など含めた議論は相当進んでいると承知している。作業を加速して、我が党の見解をまとめた上で、他党とすり合わせしたい」と語った。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします