バンタム王座挑戦が決まった井上尚弥にはネリ退治を含めた野望がある(写真・山口裕朗)

 プロボクシングの世界2階級制覇王者、井上尚弥(24、大橋)が5月25日(金)に東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級王者、ジェイミー・マクドネル(31、英国)に挑戦することが6日、九段下のグランドパレスホテルで発表された。15勝(13KO)の井上は無敗のまま、国内5人目となる3階級制覇を狙う。井上が王座を獲得すれば井岡一翔(27)の18戦目を抜き史上最速での3階級制覇となる。マクドネルは2015年に元WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(26、協栄)と2度対戦して共に判定勝利している。

 この日、スリーピース姿で会見に出席した井上は、「モチベーションが上がった。ファンにとってなじみのある階級で、僕にとっても小さい頃から見ていた階級。そのステージで戦えることが楽しみだし、バンタム初戦から、こういうチャンピオンと対戦できることに満足。やりがいを感じる」と興奮気味に話した。

 減量苦と同時に、当初、ターゲットにしていた無敗のローマン・ゴンザレスが黒星を喫し、プロモーターの関係などで、統一戦実現も難しくなり、7度防衛したスーパーフライでは、もはや戦う相手がいなくなっていた。モチベーションを失いかけていた井上にとって、バンタム転級は悲願であったけれど、その初挑戦の相手が6連続防衛中の元2団体王者なのだから闘争心が掻き立てられるのも当然だ。

 米国で権威のあるボクシング専門メディアの「リング誌」が、団体の枠を超えて発表しているバンタム級のランキング(2月25日時点)では、マクドネルは2位(この時点でチャンピオンは元WBC同級王者の山中慎介、1位はWBO同級王者のゾラニ・テテ)にランクされている。

 近代ボクシング発祥の地である英国では空前のボクシングブームが起きている。自国で十分に興行ができるため、日本に、その英国のチャンピオンを呼ぶことは容易ではなかったのだが、大橋会長は、「よく来てくれることになりましたよ。電光石火。相手も世界的にネームバリューのある尚弥を倒して、さらに評価を上げたいんでしょう。自信もあるんだろうね」と言う。

 マクドネルのエディー・ハーン・プロモーターは「井上はスーパーフライ級で非常に素晴らしい選手だ。ジェイミーにとっては厳しい試合だが、彼は最高の相手との試合に臨みたいんだ」とコメントを寄せた。

 だが、井上にとってこのタイトル戦は通過点に過ぎない。その向こう側に野望がある。

 この階級にとどまり、具志堅用高氏が持つ13度の日本最多連続防衛記録を塗り替えることと、4団体の王座統一。そこには、当然、山中慎介を体重超過の反則行為を使ってTKOで下した元WBC同級王者、ルイス・ネリ(25、メキシコ)“退治”も頭に入っている。

「この階級では、具志堅さんの13度の記録を更新したい。当然、そうなると統一がある。まずWBAには、上にスーパー王者がいるのでね。そこもスッキリさせたい」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします