神戸製鋼、新社長に山口氏が就任(THE PAGE編集部)

 品質データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼の新社長に就任する山口貢氏が16日午後3時から記者会見を行った。

 同社は6日、データ改ざん問題に関する外部調査委員会による最終報告書を発表。その後、引責辞任する川崎博也会長兼社長の後任に、現副社長の山口氏が4月1日付で昇格する人事を発表した。新体制の下で、品質問題への対応と早期の信頼回復をすべく、組織改革を進めるという。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年3月16日)」に対応しております。


     ◇     ◇

日経エコロジー:『日経エコロジー』の半沢と申します。お願いいたします。再発防止策、先日打ち出されたと思います。その中で取締役会の在り方を打ち出されました。在り方に対して、具体的には社外取締役を3分の1以上にするですとか、会長職を廃止するですとか、あと、取締役会の議長を社外取締役の方にするっていう、大きく、やはり社外の目を入れていくという決意だと思います。そこで3つ質問があります。

 1つ目です。今の5人の社外取締役、おられると思うんですけど、それを代える予定はあるのかないのかが1点目。で、2点目です。

【中継録画】データ改ざんの神戸製鋼、新社長に昇格する山口氏が会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします