民進・大塚代表が定例会見(THE PAGE編集部)

 民進党の大塚耕平代表は29日夕に党本部で定例記者会見を行った。午後5時すぎから開かれている常任幹事会が終了次第、開始した。

  報道によると、大塚代表は29日の常任幹事会で希望の党の執行部系議員との合流を軸にした新党結成を提案し、早ければ30日にも両院議員総会を開き、党内の了承を得たい考え。

 民進党と希望の党は、今年1月の通常国会前にも統一会派構想を執行部間で合意したが、党内了承が得られず、見送られた経緯がある。

     ◇     ◇

NHK:代表、NHK、【イナダ 00:51:50】といいます。2点お聞かせください。1点目は、この新党をつくることによって、さっきの常任幹事会でさまざまな意見を出されたと思うんですが、賛否両論あったと思います。それぞれ代表的な意見をご紹介いただきたいのと、それからこの新党を結成したら、この方針について、技術的には、これは常幹マターなのか、それとも、あす開く両院議員総会をもってして最終的に決まるものなのか、どの段階でその機関決定なのかということを確認させていただけますでしょうか。

大塚:まず代表的意見は、これは慎重な意見を述べられた方は4人ですね。で、その他、私がカウントしていた感じでは、ほかは全員ですから、十数人は肯定的な意見を述べられておられました。

【中継録画】民進党の大塚代表が定例会見 希望との新党結成報道も