北朝鮮の金正恩委員長が北京を訪問し、中国の習近平国家主席と会談しましたが、金氏が専用列車で北京まで移動したことが話題となっています。なぜ金氏は飛行機ではなく鉄道で移動したのでしょうか。

北朝鮮・金正恩氏が列車で訪中 (ビデオ画像)(提供:KRT/ロイター/アフロ)

 今回の訪中は、金氏が最高指導者に就任して以降、初めての外国訪問でした。北朝鮮のような独裁国家の場合、反体制派によるクーデターがいつ発生するか分かりません。独裁国家におけるトップの外国訪問は極めてリスクが大きいというのが現実なのです。

 航空機は離陸してしまえばかなり安全な乗り物ですが、その前後には危険が一杯で、独裁者にとってはやっかいな乗り物といえます。

 航空機を使う場合には、飛行場まで自動車で移動し、その後、自動車を降りて、タラップやボーディングブリッジに移動しなければなりません。訪問先でも同じような移動が待ち構えています。この間は、人目にさらされる機会が多く、セキュリティ上の課題が増えることになります。

 これに対して列車の場合には、専用駅で乗り込んでしまえば、ほとんど人目につくことがありません。ひとつの編成の中に、多くの人員や荷物を一緒に載せることができますから、普段の環境をそのまま車内に持ち込むことができます。移動中の水や食料、トイレは非常に危険ですし、スタッフもいつもと同じ人の方が望ましいでしょう。事前に安全が確認されたものを積み込める列車の方が何かと都合がよいわけです。

 これは訪問先でも同じことがいえます。今回の訪問は中国が友好的に招待したものですから、中国側は手厚くもてなした可能性が高いですが、相手国を100%信用することはできません。宿泊する施設の安全が確認できない場合、列車に宿泊するという手段も選択することができます。

 もっとも金氏は国内の移動にはよく飛行機を使っており、必ずしも列車でなければいけないという状況ではなかったようです。それでも列車が選択されたのは、カリスマ性を演出するための仕掛けであるとの見方も出ています。

 金正恩氏の父親である金正日氏は、暗殺や撃墜などを強く警戒しており、すべての移動に鉄道を利用していました。このため北朝鮮では最高指導者=鉄道というイメージが国民に強く残っているといわれます。初の外国訪問というイベントにおいて、父親と同じ手段を用いることで、自らのカリスマ性を高めようとしたわけです。

(The Capital Tribune Japan)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします