コインチェックをマネックスが買収(THE PAGE編集部)

 インターネット証券大手のマネックスグループは6日、仮想通貨「NEM」の巨額流出を起こしたコインチェックを買収することを発表した。両社は午後4時から都内で記者会見を行った。

 完全子会社となるコインチェックの新体制は、和田晃一良社長、大塚雄介取締役が退任し、新社長にマネックスの勝屋敏彦最高執行責任者(COO)が就任する。コインチェックはこれまでに金融庁から2度の業務改善命令を受けているが、マネックスの支援を受けて経営体制を見直し、内部管理態勢などを強化し、顧客資産の保護を徹底するという。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】仮想通貨流出のコインチェックをマネックスが買収 両社が会見 」に対応しております。

        ◇        ◇

司会:それではこれより質疑応答の時間に移らせていただきます。ご質問のある方は、お手をお上げください。こちらからマイクをお持ちいたしますので、そのマイクをお使いになってご質問ください。また、恐れ入りますが質問の前に媒体名とお名前をお願いいたします。また、できるだけ多くの方からご質問をお受けするために、ご質問はお1人さま2問までとさせていただきます。終了時間は5時ごろを予定しております。何とぞご協力のほど、お願い申し上げます。

松本:それではそちらの黒縁の眼鏡を掛けられた、はい。

テレビ東京:テレビ東京の【タキタ 00:15:14】と申します。ご質問したいポイントは、経営統合に関しまして、今、松本さんがおっしゃったシナジー効果ですね。統合効果はどういうふうに働いてくるのかということをお伺いしたいと思います。1つは、両社の顧客の特性というものをどういうふうに考えていらっしゃるのかということであります。

【中継録画】仮想通貨流出のコインチェックをマネックスが買収 両社が会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします