[画像]会見するレスリング協会の福田会長

日本レスリング協会は6日夕、五輪4連覇中の伊調馨選手(ALSOK)に対する栄和人強化本部長によるパワーハラスメントが告発された問題について、東京都内で臨時理事会を開き、第三者の弁護士による聞き取り調査結果を報告した。その結果、伊調選手やコーチだった田南部力(たなべ・ちから)氏らへの4件のパワハラ行為を認定した。

理事会後の会見で、福田富昭会長は「伊調選手に対する強化本部長の言動がパワハラに当たると受けとめ、伊調選手や関係コーチに深くお詫び申し上げる」と謝罪した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】伊調馨選手へのパワハラ問題でレスリング協会が謝罪」に対応しております。

        ◇        ◇
テレビ朝日:テレビ朝日の板倉と申します。会長にお聞きしたいんですけれども、会長、前回の理事会が終わったあとに、調査前ですけれども、パワハラはなかったというような趣旨の発言をしていましたけれども、その発言はどういうことだったんでしょうか。

福田:ぱっと読んだ感触そのもので言ってしまった言葉でありまして、よくよくこれを見てみると、本日のようなことであったということであります。私のさっと読んだときの発言であった。これは非常に申し訳なかったというふうに思っております。

【画像】レスリング協会が会見(全文3完)伊調選手の監督から「練習を開始したい」