3試合連続本塁打の後は大谷の2度目の先発に注目が集まる(写真・USATODAY/ロイター/アフロ)

 エンゼルスの大谷翔平(23)が打者として衝撃の3連発。8日(日本時間9日)には、投手として2度目の先発マウンドに上がる。相手は初先発と同じアスレチックス。前回は、オープン戦でまるで軌道が定まらず懸念されたスプリットが冴えた。今回もスプリットの出来がカギを握るが、おそらくアスレチックスは、あることに気づいている。その点にも注目したいーー・

 昨年の冬、トレバー・バウアー(インディアンス)は、「ドライブライン」というトレーニング施設にこもった。

 シアトルの空港に近いその施設ではボールの回転数や回転軸などを計測し、それをもとに、その選手の投げ方に最適な球種、あるいは、効果的な軌道を指導することで定評がある。

 球速が上がることでも有名だが、今回、これまでも同施設でトレーニングを続け、安定した成績を残せるようになった彼が、さらにレベルアップするためにテーマに掲げたのがスライダー。

「様々な握り、リリースポイント、回転軸を試してみた」

 ラプソードという投球解析機器、ハイスピードカメラ、モーションキャプチャーなどを利用しながら納得のいく軌道を模索。3ヶ月近くを要したが、答えを見つけて臨んだ春のキャンプでは、その再現性をテーマとした。するとキャンプでは、思い通りに複数の軌道を操ることが出来るまでになった。

「手応えは悪くないよ」

 そのバウアーと先日、再び話す機会があった。このときは、投げるコースによって動きが変わるカットボールの特殊性について色々、尋ねたが、きっちりと答えが返ってくる。

 彼ほど、球質について知識を持ち、自ら、大リーグの全球場に設置され、回転数や縦横の動きなどが瞬時にわかるStatcastで得られるデータを分析し、言葉に出来る選手もいない。

 では、その彼に、大谷の“動かない”と言われる4シームはどう映るのか。

 長所なのか、短所なのか。

 それを尋ねると、「データを見ないとわからない。キャンプ地では、ソルトリバー・フィールドにしかStatcastが設置されていないから、確か、そこでは投げていなかったよね」と、いきなりマニアックなことをいう。

 そう、アリゾナキャンプでは、ダイヤモンドバックスとロッキーズが共有する球場にしか、同システムが設置されていない。そして、大谷はその球場で投げなかった。

 ただバウアーはこんな話をした。

「仮に、動かないとしよう。(クレイトン・)カーショウなんかは、そういう球を投げるけど、動かない球を投げることは、むしろ難しい。きれいなバックスピンをかけなければならないから。大谷もそれができるなら、むしろ、長所になると思う。そういう球を投げる投手が少ないから」

 回転数にしても、縦横の動きにしても、理想とされるのは平均値から外れたボールだ。それを前提に彼は話をしている。

「打者が見慣れていなければいないほど、効果的だからね」

 その意味で大谷の真っ直ぐが本当に動かないなら、それは彼の武器になるーー。

 果たしてどうか。