大谷翔平は代打出場で二塁ゴロだったが、イチローが絶賛(写真・アフロ)

エンゼルスの大谷翔平(23)が代打出場するだけでメディアが大騒ぎするほど、全米でその衝撃の“二刀流”が話題となっているが、スポーツメディアの「ジ・アスレチック」は、カンザスシティに遠征中のマリナーズのイチロー(44)に、その大谷についてのインタビューを行い、「イチローが大リーグを熱狂させた17年後、彼は今、大谷翔平に畏敬の念を抱いている」という記事を報じた。

 同記事は「イチローは大リーグに来た過去最高の日本人選手だが、過去最高でいられる時間は、そう長くないのかもしれない。大谷翔平は大リーグでデビューして2週間弱で大リーグを完全に変えてしまった」と、大谷が、イチローを超える選手になるのではないか、という期待感を伝えた。

 そしてイチローの「試合前の準備や練習で大谷翔平が100マイル(約161キロ)を投げ、本塁打を打っていたら、人は、それを見て驚くはずだ。そして、それを試合の中で見れば、もう説明も理解もいらない。ただ座ってそれを見ているだけだ」という声を紹介した。

 同メディアの記憶に刻まれている17年前にイチローが全米を大谷と同じように驚愕させた瞬間は、2001年4月11日、大リーグデビューして8試合目の試合だという。それは偶然にも、大谷が2度先発して全米に衝撃を与えたのと同じアスレチックス戦で、同チームは、左腕のマーク・ムルダーを先発に立て、スタメンから外れたイチローは、0-0で迎えた8回に代打出場、そこでヒットを放ち、チームの3得点につなげた。だが、驚愕の瞬間は、そこではなかった。その裏、ライトの守備についたイチローはライト前ヒットで一塁から三塁へ進塁しようとした走者を好返球で刺した。『ザ・スロー(The Throw)』こそが、驚愕の瞬間だったと記した。

「北米の野球界は、当時イチローに夢中になった。それまではスカウトリポートにも(強肩に)言及するものがあったが、イチローの能力を疑う者もあった。日本で7年連続で打撃タイトルを取り、守備でも多数のゴールデングラブ賞を受賞していた。母国から渡ってきた先輩たちは(野茂英雄氏に代表されるように)大リーグで成功していたが、イチローは日本プロ野球から大リーグに挑戦した初めての野手だった。これだけの成功をおさめることをほとんどの人は信じていなかっただろう」と、移籍初年度となる2001年にア・リーグMVPと新人王を同時受賞、以降、球宴に10度出場、ゴールドグラブ賞を最初の10シーズンで連続受賞し、大リーグで通算3000本安打を達成してきたイチローの足跡を書き綴った。

 イチローでさえいからスタートとしたという点を大谷の現状と重ね合わせたのである。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします