なでしこジャパンが苦しみながらも、8大会連続8度目となるFIFA女子W杯出場を決めた。
 中東ヨルダンで開催されている、アジア最終予選を兼ねたAFC女子アジア杯に挑んでいるなでしこは、現地時間13日のグループB最終戦でオーストラリア女子代表と対戦。1‐1で引き分けたもののグループBの2位で準決勝進出を決めて、アジアに5枠が与えられている、来年6月にフランスで開催されるW杯切符を手にした。

 風下に回った前半は体格で勝るオーストラリアに主導権を握られた。それでも次第にパス回しのテンポをあげ、後半18分に左サイドを抜け出したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)の折り返しを、ボランチの阪口夢穂(同)が左足で押し込んで先制した。

 最新のFIFAランキングでは11位のなでしこに対して、急成長中のオーストラリアは6位。リオ五輪出場を断たれた、2年前のアジア最終予選初戦で敗れた難敵を、ミス絡みで同点とされる後半41分まで零封した。日本女子代表の初代専任監督で、現在は解説者を務める鈴木良平氏は、なでしこが見せ続けたアグレッシブな守備を高く評価する。

「スコアレスドローに終わった韓国女子代表とのグループリーグ第2戦の守備は、特に前半の内容が非常に悪かった。ブロックを作って守る際の考え方が、相手の攻撃を待つというか、ちょっと消極的だった。オーストラリア戦は一転して、前へ、前へというアプローチが徹底されていた。高さと速さで上回られる相手の攻撃に押され、はね返すのが精いっぱい、という試合展開ではなかった。前線から積極的にインターセプトを狙っていく守備意識の変化が、ボールを奪った後の攻撃にもいい意味でつながっていった」

 W杯ドイツ大会を制して、世界中に衝撃を与えてから7年。当時のレギュラー選手は、いまでは阪口とDF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、キャプテンのDF熊谷紗希(リヨン)の3人だけとなった。

 2012年のロンドン五輪、2015年のW杯カナダ大会でも銀メダルを獲得。黄金時代を築いたなでしこだったが、リオ五輪出場を逃したことで、2008年から指揮を執ってきた佐々木則夫前監督(現十文字学園女子大学副学長、日本サッカー協会理事)が退任した。

 バトンを託されたのは、1990年代に日の丸を背負って活躍した高倉麻子氏。年代別の代表監督として2014年のFIFA・U-17女子W杯を制し、2016年のFIFA・U-20女子W杯でも3位に導いた初の女性指揮官を、前出の鈴木氏は「非常に難しい時期に就任した」と慮る。

「世代を交代させていく重要な時期だった。前監督が2011年のメンバーに頼り過ぎたというか、本来ならば少しずつ進めていかなければいけない世代交代を、極端に言えばまったくやらなかったツケがいま、高倉監督に回ってきている。なので、スタイルを作れる段階ではなかったと思う。
 それでも、彼女は積極的に選手を入れ替えてきた。外すところは思い切って決断して、若手だけでなく2011年の中心メンバーに隠れていた感のある中間的な世代にも経験を積ませてきた。彼女たちがもっている長所がようやくピッチのうえで表現され、輝きを放てるようになってきた」

 オーストラリア戦で言えば、中間世代の象徴がFW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)であり、FW岩渕真奈であり、MF中島依美(ともにINAC神戸レオネッサ)となる。そして、若手では17歳以下の世界一メンバーの長谷川やDF市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)、そして3月になでしこデビューを果たしたばかりの21歳のDF清水梨紗(日テレ・ベレーザ)が躍動した。

 特に先制点をアシストした21歳の長谷川に対して、鈴木氏は「オーストラリア戦のMVPと言っていい」と、ピッチで放ち続けた稀有な才能を称賛する。

「ボールをもらう前も、自分でもってからも周りが非常によく見えているから、正確な状況判断が下せる。味方がどこにいるか、相手がどう来るかもわかっているうえ、トラップやパス、ドリブルなどのテクニックもしっかり備わっているから、ボールを失うケースが非常に少ない。
 このチームには前線にタレントがそろっている一方で、熊谷とパートナーとなるセンターバックと右サイドバックは課題だった。そこへ若い市瀬と清水を抜擢しているのは監督の期待の表れ。まだまだ心もとない部分はあるけど、思い切って起用している勇気を高く評価したいと思う」