大橋ジム期待の世界王者候補の桑原拓(右)は先輩の元3階級王者の八重樫(左)とテストスパーをして合格した

ボクシングのプロテストが17日、後楽園ホールで行われ、アマチュア時代にタイトルを持つ未来の世界王者候補が3人同時に受験するという異例のプロテストとなった。大橋ジムの桑原拓(23)、セレスジムの南出仁(22)、ワールドスポーツジムの高橋拓磨(24)の3人で彼らへの期待を示すように桑原には元3階級王者の八重樫東、南出には、IBF世界Sバンタム級王者の岩佐亮佑、高橋には日本ミドル級王者の竹迫司登が3回のスパーリング相手を務めるという超豪華なプロテストとなった。もちろん3人揃って合格。桑原は5月25日に井上尚弥がバンタム級で3階制覇を狙う興行の前座で、南出、高橋の2人は6月2日に後楽園で同時にデビュー戦を行う。

セレスジムの南出仁(右)も現世界王者の岩佐がプロテスト相手をした

 ボクシングマニアが見れば垂涎の光景に違いない。
 元3階級王者の八重樫、現IBF世界王者の岩佐、日本ミドル級王者の竹迫が、それぞれジムの後輩のプロテストに胸を貸したのである。それだけでもジムの期待値がわかる。3人もの“金の卵”が揃ってB級のプロテストを受けるのも異例中の異例だ。
最初にリングに上がったのは、大橋ジムのライトフライ級の桑原。身長164センチで通常体重が57キロ。大橋秀行会長が、「井岡一翔にそっくり。ウチのジムはパワー系のボクサーが多いが珍しくスピードタイプのボクサーだから楽しみ。間違いなく将来の世界王者候補」と送り出した。
 元3階級王者の井岡を彷彿させるようなスタイリッシュな攻守がまとまったボクシング。もちろん八重樫は手加減をしながら相手をしていたが、リーチを生かしたスピードに乗った左のジャブからのワンツーだけでなく、左のボディも使い、うまくパンチを散らす。寸止めをしたが、右のカウンタータイミングも抜群だった。何しろ目を引いたのは、その距離感。八重樫との距離を常に一定に保ちながらの出入りのボクシングは、とてもプロテスト受験生とは思えないものだった。
 桑原が東農大時代からスパーをしている八重樫に長所を聞く。
「井岡に似ているでしょ? タイミングとスピードがドンピシャでくる。距離感と足がいいですね。まだパンチが軽いが、アマチュアの良さを残しながら強くなって欲しい。プロとして面白いと思う」
 統一戦を井岡と戦った八重樫が言うのだから説得力がある。

 桑原は「小学校でボクシングを始めて夢だったプロへの第一歩です」と感慨深げだった。
「リングに上がる前に『攻撃力はわかっているからディフェンス力を見せなさい』とJBCの試験官に言われたので、ディフェンスを意識しました。パワーはないけれどスピードやカウンターのタイミングでは負けていません。打たせずに打つ。そこを見せたかった」
 井岡のスタイルを真似てきたわけではないが、「似ていると言われると嬉しい。プレッシャーにもなりますけど」と、人懐こい笑顔を見せる。
 大阪市平野区出身の関西人らしく口達者で面白い。筆記試験は99点。人気の出そうなキャラだ。 
 幼年期は魔裟斗が君臨するK-1全盛期。その影響を受けて空手をしていたが、小学校5年のある日、父親に車に乗せられると、途中ショップに寄ってボクシング道具を揃えられ、そのまま自宅近くの大鵬ジムで降ろされた。問答無用のボクシング入門をさせられたという。
 最初は「やらない」と言っていたはずのボクシングにすぐに魅了され、その後、興国高、東農大と、まさに井岡と同じボクシングの王道をたどった。高校では2年のインターハイ(ピン級)、3年の国体(ライトフライ級)で2冠。主将を務めた大学では、全日本3位。井岡と違うのは、途中でプロ転向せず卒業したこと。「興国の卒業の際に校長先生に、おまえは卒業してくれよ」と懇願されていたという。
 東農大時代にスパー相手をした井上尚弥には、右拳を痛めていた時期で左手一本でボコられた。
「ぼこん、ぼこん、です。頭が揺れてジョットコースターに乗っているみたいでした」
 「プロは凄い」。何度も心が折れたが、プロ入りを決断した。
「卒業時は就職しようかと悩んだ時期もありました。でも、シンプルに大好きなボクシングを職業にしないと後悔すると。初めは無理にジムへ連れていかれたけど、その後は、ずっと自由に好き放題させてもらった。3兄弟なんですが、次男の僕だけ本当に自由に。プロになるのは両親への恩返しの気持ちもあったんです」
 理想のボクサーは、5月に対戦することになった3階級制覇でWBA世界ライト級王者のホルヘ・リナレス(ベネズエラ、帝拳)のスピードと2階級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のステップワーク。
「3年でなんらかのタイトルをとって5年以内に世界ベルト」。そんな夢を抱く。