日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第9回

羊の群れを追って、井戸に向かう途中。最近、彼のように日常的に馬を乗り、伝統的な衣裳であるデールを着る若者は本当に少なくなった=フルンボイル市・シニバルグバロン・ホショー(2018年2月撮影)

 2015年8月、私はフルンボイル草原を訪れるという長年の夢を果たした。フルンボイル草原は中国でも有数の豊かな草原で、私の地元よりも伝統的な遊牧文化がよりよく残っている。子供の時からの憧れの地だったが、なかなか行けなかった。だが中国版のSNS、WeChatでウジムジさんという女性と知り合い、彼女の家で滞在しながら撮影させてもらえることになり、取材が実現した。

 彼女の家族はモンゴル民族の一部族であるバルグ部に属し、わずかながら伝統的な生活を残していた。一番驚いたことは、一度もレンガの家を造っていなかったということ。今でも移動式のゲルだけで生活している。私が訪れた時は夏営地に2軒のゲルを建てていた。ただ、2キロ離れた冬営地には、石積みの羊小屋などが造られていた。

 彼らはオルション・ゴルという川の辺りに生活していた。
 
 2018年冬、義母が倒れたので緊急に帰国した。すると思ったよりも回復がよく、容態が安定してきたので、妻が看病し、私は取材に行くことができた。

 ウジムジさん一家を再び訪ねることにした。
 今回は、夏営地から2キロぐらい離れた冬営地で2軒のゲルを建て、鉄製のボックスカーも1台使っていた。

 取材が終わって町へ帰るときも、ウジムジさんはわざわざ一緒に行くことにしてくれた。出発する際、ウジムジさんの母親は「無事に日本に帰ってね。また、ぜひご家族と一緒に来てね」と乾燥チーズ1袋と現金100元を渡そうとしてくれた。私は、お金は返し、チーズをいただいた。自分たちにお金がなくても他人にはなんでも贈ろうとする優しさに、涙が出そうになった。