常に時間に追われ、慌ただしく過ごしている現代日本人。国際的な時間の使い方を比較した研究でも、日本人は「せっかち」という結果が出ているようです。しかし、時間の使い方をよくみると、他国の「せっかち」とは少し異なる面があるようです。

 時の研究家、織田一朗氏が『悪いことだけではない「日本人のせっかち」』をテーマに執筆します。


衝撃的だった「世界せっかち度」調査

渋谷のスクランブル交差点(著者撮影)

 日本人の時間感覚を海外から冷静に観察してきたのが、カリフォルニア州立大学の社会心理学者のロバート・レヴィーン博士だ。1985年に行った調査「日本人は世界一せっかち」は、外電で伝えられ、日本の新聞で取り上げられたことから、大きな話題になった。

 「やっぱり」「まずいよね」。反応は様々だったが、日本人の誰しもが、うすうす感じていることを、白日の下にデータでさらされると、言い逃れもできず、ショックは大きかった。

 博士が採用した「せっかち度」を測る項目は(1)街中で人々が歩く速さ(2)郵便局員が切手を1枚販売するのに要する時間(3)銀行にかかっている時計の正確さ、で対象は6カ国だった。冷静に考えてみると、「これで国民の『せっかち度』が正確に測れるの?」などと疑問は湧いてくるが、日本人の「せっかちさ」を否定できるわけではない。

「せっかち」な人は生活満足度も高い

切手シート(著者撮影)

 レヴィーン博士が「人々の時間感覚」に関心を抱くようになったのには、その生い立ちに理由がある。博士が1945年に生まれたのは、子供でも「さっさとできないならどいていろ!」と扱われるせっかちな土地柄のニューヨーク・ブルックリンだった。そして、大学の客員教授で滞在したブラジルでは「アマニャ(明日、そのうち)」が乱発され、時間意識のギャップにカルチャーショックを受け、「時間」を研究テーマにしてきた。

 1985年の調査は、世界でも注目されたようで、1992~95年には対象国を31カ国に広げて再度実施し、調査結果を『A Geography of Time』にまとめ、1997年に出版している。(日本では忠平美幸訳『あなたはどれだけ待てますか ── せっかち文化とのんびり文化の徹底比較』として、草思社から2002年に出版された。)

 2度目の調査では、スイス、アイルランド、ドイツがトップ3を占め、幸いなことに、日本は僅差ながら4位に落ちた。ホッとしたのだが、博士は、事実上は日本がトップだとも付け加えている。日本では客が要求もしないのに切手を小袋に入れたり、領収証を用意したりするなど懇切なサービス行為が所要時間の中に含まれているからだと言う。

 博士の分析によれば、経済状態が健全で、工業化率が高く、人口規模が大きく、個人主義的な価値観が強い国ほど生活のペースが速い(せっかち度が高い)。そして、せっかち度の高い都市ほど心臓発作の確率が高いが、同時に生活における人々の満足度も高いという。

 一方、生活のペースがセカセカしていない「のんびり国」のベスト3はメキシコ、インドネシア、ブラジルだった。ペースの速い国と環境条件は正反対になるのだが、気候が温暖なほどのんびり度は大きくなる。のんびり文化に属する人々の多くは、目の前で起こることを重視する「出来事時間」に基づいて生活していると解説する。

 たまたま通りかかった知人への対応でも、せっかち文化圏の人々は時計を気にしておろそかになるが、のんびり文化圏の人々は大切にする。彼らにとって「待つこと」は時間のロスではなく、事が成し遂げられる重要なプロセスなのだ。