体重超過による王座剥奪の失態を犯した比嘉大吾に無期限出場停止の厳罰が下された(写真・山口裕朗)

JBC(日本ボクシングコミッション)が25日、倫理委員会を開き、15日のWBC世界フライ級タイトルマッチにおいて900グラムの体重超過による計量失格、タイトル剥奪の失態を犯した比嘉大吾(22、白井・具志堅スポーツ)に対して「ライセンス無期限停止処分」を決定した。白井・具志堅スポーツジムから今回の体重超過に関する経過報告書の提出を受けた上で、倫理委員会で協議、決定されたもので、計量失格に関しての処分としては過去最も重い処分となった。同日、ジムへ通告された。

 JBCは処分理由を「当該行為は階級制を前提としたプロ競技スポーツであるボクシングに対する社会的信用を著しく毀損する行為である。また世界タイトルマッチにおける公式計量で日本選手が失格となったことは長いプロボクシング史上一度もなく、この点からもボクシングファンの信頼並びに社会的なボクシングに対する信頼を揺るがす結果となった」としている。

 加えて制裁金としてファイトマネー相当額の20パーセントを徴収、管理責任懈怠を理由にジムのオーナーである具志堅用高会長、瀧田通子マネージャー、野木丈司トレーナーに戒告処分が下された。JBCは同時に処分を徹底するために比嘉が再起する場合は、1階級以上、階級を上げる階級変更を義務として命令した。

 なお無期限停止処分の解除は、白井・具志堅スポーツジムから定期的なコンディション管理報告、健康状態報告等を受けて総合的に勘案してJBCが決定する。

 1年と予想された停止処分が無期限と重くなったことについてJBCの安河内剛事務局長は、「フェアであるべきボクシングの階級制度を揺るがしかねない体重超過だけに懲罰的な意味が強い。再起ありきで、半年や1年という期限を切ることは問題だと考えた。今年に入って6件の体重超過が起きておりJBCとしても危機感がある」と説明した。その一方で、「比嘉選手は、ボクシング界の宝でもあり、今後どう救済するかも考えて総合的に判断した。報告書や、その後の経緯を聞く限り、試合後、体温調整ができないなどかなり重篤な状況になり、腎機能にも問題が出ていた。彼の精神面を考えてもコンディションを戻すには時間がかかると思った」とも続けた。無期限停止処分は、イコール引退勧告とも取れる厳罰だが、精神面、肉体面で比嘉に十分な回復期間を与えるための配慮もあったという含みを持たせた。
 比嘉は変則タイトルマッチで9回棄権(TKO負け)し、試合後、体調を悪化させ緊急入院していた。

 白井・具志堅スポーツジムは、今回の処分を受けて「この度は比嘉大吾の計量失格という、あってはならない事態を引き起こしてしまった事を深く反省しております。比嘉は試合後、検査の為に入院しましたが、現在は退院しております。JBCの処分を厳粛に受け止め、選手の健康管理等を徹底する所存です。お騒がせ致しました事を、改めて心よりお詫び申し上げます」というコメントを発表した。

 またJBCは、続発する体重超過の再発防止のための新たなルール作りを進めており、JBCが管轄、承認する日本におけるプロボクシングの公式戦においては、2時間の再計量の猶予を与えることなく、最初の計量でリミットの3パーセント以上を超過していた場合、即刻、試合中止の厳罰ルールを定める考えであることを明らかにした。また階級変更命令に関しても、より厳格化する考えで、当日計量でリミットの8パーセント以上に増えていた場合は転級を勧告、それを2度繰り返した場合は命令に変わり、12パーセント以上だった場合は階級変更を命令する。これらのルールは早ければ来月中旬の理事会で正式決定される。ローカルコミッションとしては、世界に例を見ない厳罰ルールだ。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)