中村七之助(THE PAGE編集部)

 フランス・パリでの「松竹大歌舞伎」に出演する中村獅童と中村七之助らが、26日午前11時から外国人特派員協会で会見を行った。

 公演は日仏交流160周年として行われる文化芸術イベント「ジャポニスム2018:響きあう魂」の一環で、9月13日(木)~ 19日(水)の期間にフランスの国立シャイヨー劇場にて行われる。

 ※【**00:32:45】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】日本の伝統文化を世界へ 歌舞伎パリ公演で獅童、七之助が会見」に対応しております。

     ◇     ◇

記者5:(英語)

 次の世代にステージの中でバーチャルなものとコラボしていく【****00:40:43】というか、それに対して共演することに関しての【***00:40:37】

中村獅童:1個目なんでしたっけ。

通訳:1個目はジャポニスムというのは1900年代から行われてきたのが、100年近い、やることに対しての考え方。【****00:40:50】日本らしさを伝えるというのは昔からあることですが、この2018年にやることに対して【*****00:40:55】お考えはありますか。

中村獅童:2018年にそれをやることについてどういうお考えかと。

【中継録画】日本の伝統文化を世界へ 歌舞伎パリ公演で獅童、七之助が会見