日銀・黒田総裁会見(THE PAGE編集部)

 日銀は27日の金融政策決定会合で、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)から、物価上昇2%の目標達成時期の見通しを削除した。短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債金利)を0%程度に抑える現行の金融政策については据え置くことを決めた。会合終了後、黒田東彦総裁が会見し、物価目標の時期削除などについて説明した。黒田総裁にとっては今月9日の再任以降で初の決定会合だった。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】日銀・黒田総裁が決定会合後に記者会見(2018年4月27日) 」に対応しております。

     ◇     ◇

黒田:どうぞ。

共同通信社:共同通信社、辻村と申します。ありがとうございます。2点お願いします。1点目は、繰り返しで目標を削除した部分なんですけども、これは先ほど総裁が、市場との対話、コミュニケーションの点だというふうにおっしゃいました。これは、つまり時期を明示することによって追加緩和期待というか、市場での追加緩和期待が強まる、高まることを抑えたいという意図があるかというところをお願いします。ごめんなさい、1点ずつお願いします。

黒田:そこは先ほど申し上げたように、現在の金融政策というのは特定の達成時期というのを念頭に置いて運営をされているというわけではなくて、2%の物価安定の目標をできるだけ早期に実現するという大きな目標の下で、具体的には2%の物価安定の目標に向けたモメンタムが維持されているかどうかということを毎回の金融政策決定会合に丹念に点検して、モメンタムが失われつつあるというようなことになれば当然、追加緩和を検討するということになるわけでして、

【中継録画】日銀・黒田総裁午後3時半から定例会見(2018年4月27日)