日銀・黒田総裁会見(THE PAGE編集部)

 日銀は27日の金融政策決定会合で、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)から、物価上昇2%の目標達成時期の見通しを削除した。短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債金利)を0%程度に抑える現行の金融政策については据え置くことを決めた。会合終了後、黒田東彦総裁が会見し、物価目標の時期削除などについて説明した。 黒田総裁にとっては今月9日の再任以降で初の決定会合だった。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】日銀・黒田総裁が決定会合後に記者会見(2018年4月27日) 」に対応しております。

     ◇     ◇

NHK:NHKの【アンドウ00:27:45】です。また記述削除の点ですが、なぜ今回だったかという点についてお聞かせいただけますでしょうか。併せて、今回と体制が変わって最初の会合でありましたけど、そういったことも影響していたのかということもお聞かせいただければ。

黒田:私自身は何か体制が変わったということが今回の決定に影響したというふうな感じは持っておりません。それよりも、先ほど申し上げたとおり、従来から特定の時期を念頭に置いて金融政策をやっているわけではないということは申し上げてきたわけですし、特に2016年9月の現在の長短金利操作付き量的・質的金融緩和においては、その点かなりはっきりと申し上げてきたわけですけれども、依然として一部にですけども、そういったダイレクトに金融政策と結び付ける考え方の人が市場に根強くあるということなので、今回、そういった誤解がないように、むしろはっきりとさせたということであります。

 それで、コミットメントについては従来から申し上げているように、

【中継録画】日銀・黒田総裁午後3時半から定例会見(2018年4月27日)