エンゼルスの大谷翔平(23)が27日(日本時間28日)、本拠地のヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、二回一死走者無しの場面で、今季のヤンキースの開幕投手であるルイス・セベリーノからライトへ先制4号ソロを放ったが、五回の第2打席で二ゴロに倒れ一塁ベースを駆け抜ける際に左足をひねり、七回で途中交代した。試合は延長戦をヤンキースが制したが、ニューヨークメディアは、争奪戦でヤンキースにいち早く「ノー」と言った大谷の活躍に注目する記事を掲載した。

  ニューヨーク・ポスト紙は、「大谷のけがは、田中から初安打を打つ機会を遅らせるかもしれない」との見出しで、28日(日本時間29日)に実現すると見られていた田中将大との対決が延期になる可能性を伝えた。そして、「大谷は田中からの初安打を狙っている。2013年に大谷は田中に11打数無安打だった。この年は、田中がヤンキースに移籍する前の楽天でのラストシーズンで、彼は24勝0敗を記録している。エンゼルスタジアムで、土曜日に2人の日本人スターが再び顔を合わせるとき、田中が大谷を抑え続けることができれば、それはヤンキースにとって良いことだ」と、楽天時代の田中と、日ハム時代の大谷の1年だけあった対戦成績を紹介した。

また「大谷がフリーエージェントとなったとき、ヤンキースは、当初この右投手&左打者の移籍先の最有力だった。そして田中も23歳の大谷と一緒のチームでプレーすることを楽しみにしていた」と続け、大谷について語ったマー君の声も掲載した。
「(ヤンキースと契約しないことで)残念という言葉は正しくないかもしれないが、彼は、どれだけすごい才能を持ち、(ヤンキースに入団すれば)どれだけチームにとってプラスとなったか。確かに彼と一緒にプレーしたかった。(大谷は)とても特別なことをやっている。誰もそのようなことはやっていない」
 同紙が「あなたも二刀流に挑戦したいか?」と質問すると「絶対にない」と笑顔で答えたという。

 デイリーニューズ紙は、「ヤンキースは争奪戦で逃した選手をついに見ることになった。二刀流スターの大谷がエンゼルスのDHとして5番に入った。残念ながら、いや、むしろ幸運なことに、マウンドにいる大谷と対戦することはなさそうだ。そして、このシリーズでは打席でも彼をもう一度見ることもないのかもしれない。彼は軽い足首のねんざで七回に交代した」と伝えた。

 そして本塁打を打たれたセベリーノの「彼は良い(打者だ)。次はもうインサイドには投げない。(大谷には)帽子を取って敬意を示さなければならない」というコメントを紹介した。

 同記事によると、野手と接触をして足を軽く捻挫した大谷は、明日28日(日本時間29日)に再検査する予定で、大谷の次回先発となる1日(日本時間2日)のオリオールズ戦まで、大事をとってスタメン出場はないのではないかという見立てをしている

 同じくニューヨークの地元メディアであるNorthjersey.comは「大谷は、ヤンキースに彼らが何を逃したのかを見せつけ、セベリーノからガツンと化け物のような本塁打を放った」と、大谷の本塁打シーンの動画を掲載して報じた。
「オフに大谷はヤンキースの一員となることは決まりだと一部の人々に思われていた。大谷はヤンキースを相手にした最初の打席で、その理由を示した。大谷は、獲得競争ですぐにヤンキースを蹴ったが、開幕すると投打にわたる能力においてセンセーションを巻き起こしている」と未練をこめて絶賛した。

 ソーシア監督は「当日の様子を見て出場を決める」と語っているが、ニューヨークメディアも注目している大谷vsマー君の日本人メジャーリーガー対決の実現は果たして?