日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第10回

羊の解体をみる男の子。日常生活の中で家畜との関わりなどを身につけ、自然の中で生きていく方法を習っていく=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2012年7月撮影)

 遊牧民の子供は、幼い時から大人の背中を見ながら育つ。彼らは家畜と一緒に遊びながら、家畜と人間の付き合いを理解する。

 大人も彼らに積極的に仕事をやってもらう。できないことや怖いことがないように、全部やってみようという性格を徐々に身に着けていくためだ。3、4歳になったころからは、自分よりはるかに大きな馬に乗り、家畜の群れを追いかけたりする。

 モンゴルでは必ず幼いころから、家畜をさばく作業を見て、手伝いをする。遊牧民にとって、家畜をさばき、それをご馳走することは生活に欠かせないことで、生活を維持する基盤だからだ。

祖母が羊の尻尾からうじ虫を取り除く様子を興味津々にのぞきこむ男の子=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2011年7月撮影)

 子供は早くから、日常生活でこうした作業に慣れることで、家畜はペットではなく、彼らの生活に欠かせない大切な財産であり、食料であることを学び、家畜と人間の関わりを正しく理解していく。

 しかし、最近は一人っ子ばかりになったので、子供を甘やかし、騎馬など危険なことをさせたくない親が多くなっている。そのため、家畜を怖がったり、「きたない」「くさい」と嫌がるようなことも増えた。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第10回」の一部を抜粋しました

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします