2008年の第1回U15大会では井上尚弥(左)が優勝している。なぜプロアマ協力のジュニア世代の大会が存続できなかったのか?(写真・山口裕朗)

プロボクシングの底辺拡大、ジュニア育成を目的とした「第1回ジュニア・チャンピオンリーグ全国大会」の設立が8日、都内で日本プロボクシング協会、日本ボクシングコミッション(JBC)により発表された。これまで「U15」という15歳以下のジュニアを対象にした大会が10年間行われ、2階級王者の井上尚弥(大橋)らを輩出してきたが、アマチュアサイドの日本ボクシング連盟から昨年4月に同大会への参加選手のアマチュア登録並びに高校、大学進学後の大会出場を認めない旨の通告があったため同大会を終了させ、新たに将来的なプロ育成に特化した大会が設立されることになった。

カテゴリーは、小学1年から3年までの「U9」、小学6年までの「U12」、中学3年までの「U15」、18歳(高校3年)以下の「U18」の4つに分けられ、それぞれの階級によって争われる。6月から東日本、中日本、西日本、西部日本の各地区で予選大会がスタート。10月7日に東京大田区の大森ゴールドジムにて全国大会が開催される。優勝者にはチャンピオンベルトが贈呈され、大会の優秀選手には、ジュニアワールドカップ(隔年開催予定の国別対抗戦)、WBC主催のアマチュア大会への出場権が与えられる。

「これまで学校の部活を途中で辞め、プロにもなれないという選手がボクシングを続ける環境がなかったが、この大会ができれば救済になる。アマチュアでやらずともプロになるためのキャリアをジュニア世代から積める意味は大きい」と、実行委員会からの説明があったが、この大会に出場すると、アマチュア登録が認められない可能性が高く、そうなると高校、大学でのアマチュア大会への出場及びオリンピック出場がほぼ不可能になる。 

この大会に出場しなければ、小、中学生がプロ加盟のジムで練習をしていても、将来的にオリンピック出場への道は残り「プロかアマか。選択肢があるということです」と言うが、この年代の子供たちに、その選択を迫るのは酷で、親御さんたちの間では、「将来プロにいくにしろ高校、大学へは進学させたい」という声も強く、新大会への参加人数は、これまでの「U15」の大会規模に比べて縮小されるものになると予想される。

本来ならば、ジュニア世代の大会は、プロ・アマの垣根のない大会でなければならないはずが、なぜこんな歪な事態に至ったのか。