初めてオーストラリアに行ったのは今から12年前。シドニーを中心に回った撮影だったので、ここに滞在したのはわずか1日。記憶に残っているのは、波打った屋根が夕日に照らされたサザンクロス駅。移動の慌ただしさから、ほっと一息ついたホテルの窓から見えた風景だ。

 英国のエコノミスト誌の調査部門で「世界で最も住みやすい都市」に7年連続で1位に選出されている街、オーストラリアのメルボルン。昨年日本からの直行便も増え、観光でも注目されているという。“世界一住みやすい街”とは一体どんなところなのだろうか。あれから12年、そんなメルボルンの街を再び旅した。

フォト・ジャーナル<世界で最も住みやすい街メルボルンへ>倉谷清文第11回

冷涼な気候と緩やかな丘陵が続くヤラバレーはぶどう作りに最適

 その土地の土壌や地形、気候によって出来が変わるというワイン。スタッフが品種、今年の出来具合、テイストを詳しく説明してくれる。一面に広がるぶどう畑の丘を眺めながらテイスティング、ランチを楽しむ。育った風景を想像しながら食を楽しむ文化はワインならではかも知れない。

ヤラバレーはスパークリングワインでも有名。ドメイン・シャンドンにて

 メルボルンの市街地から東に、車で1時間、緑が広がるダンデノン丘陵。四季折々の表情に富んだ自然の風景は、入植時代から多くの画家に描かれてきた。

ワインの特徴を聞きながらテイスティング。オークリッジ・ワインにて

 その北部はビクトリア州指折りのワインの産地、ヤラバレーだ 。ヤラバレーは、オーストラリア先住民アボリジニの言葉でバーリンダム(霧のかかった川)といわれるほど、冷涼な気候。ピノノワールなどその土地、気候に合った品種が多く作られている。良質の水に恵まれたこの土地ではクラフトビールやジンの醸造も盛んに行われている。

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<世界で最も住みやすい街メルボルンへ>倉谷清文第11回」の一部を抜粋しました。

(2018年3月撮影・文:倉谷清文)