各局の春ドラマが始まってそろそろ1カ月になるが、主演に負けず劣らず、物語の盛り上がりを支える若手の助演女優勢の活躍が目立っている。

『ブラックペアン』 主任看護師・猫田麻里役の趣里

 嵐の二宮和也が陰のある天才外科医・渡海を好演している『ブラックペアン』(TBS系、日曜よる9時)では、主任看護師・猫田麻里役の趣里が放送開始後からじりじりと人気を上げてきている。それほどセリフ数の多い役ではないのだが、手術場面で渡海を完璧にアシストするキレのいい看護師ぶりは存在感が際立つ。

 趣里は俳優の水谷豊、伊藤蘭の娘で、4歳からクラシックバレエを始め、6歳で初舞台に立ったという。その後、ケガが重なりバレリーナは断念するが、表現したい気持ちが消えないことから、演技の道に入ったという。2011年、オーディションに合格し『3年B組金八先生ファイナル~「最後の贈る言葉」4時間SP』(TBS系)で女優デビューを飾る。2016年にはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』出演で注目され、昨年春のドラマ『リバース』(TBS系)では狂気的な妻を熱演し話題を呼んだ。出演した作品ではことごとく存在感を放ってきたが、『ブラックペアン』の猫田役も印象深く、代表作の一つとなりそうだ。

『崖っぷちホテル!』 新人パティシエから総料理長へ昇格した鳳来ハル役の浜辺美波

 岩田剛典主演の『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系、日曜よる10時30分)では、新人パティシエから総料理長へ昇格した鳳来ハル役の浜辺美波が注目を集める。相方ともいえるシェフ・江口竜二役の中村倫也とのコンビネーションが面白いが、浜辺自身の持つ魅力が活かされている。破壊力のある満面の笑顔が、明るくポジティブな天然キャラのハルにピッタリとはまっていて、観ていて楽しい。

 浜辺は2000年生まれの17歳とまだ若手だが、子役から地道にキャリアを重ね、演技には定評がある。2011年に第7回東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入りし、2015年には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の実写版ドラマで本間芽衣子を演じ注目される。映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)ではヒロイン・山内桜良を好演し、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。甲斐翔真と共演の「LINE MUSIC」新CMでの女子高生役も評判だ。ネクストブレークというより、現在ブレークの真っ最中、上昇気流に乗っている。そんな勢いが、テレビの画面からも伝わってくる。