米IT大手のグーグルが驚くべきAI(人工知能)サービスを検討していることが明らかとなりました。本人に代わって、レストランや美容院などにAIが電話をかけ、電話に出た人間と会話を行い、予約などを済ませてしまうというものです。電話が苦手な人でも、自由に電話がかけられるようになりそうです。

自動音声による電話営業、人からの電話よりイライラすると大不評?

グーグル年次開発者会議 「I/O 2018」(ロイター/アフロ)

 グーグルは毎年、開発者向けにイベントを開催しており、そこでは今後、製品に実装する見込みの新しい技術が紹介されます。5月に開催された今年のイベントでは、グーグルアシスタントの新機能のデモが行われましたが、その内容は驚くべきものでした。

 AIが自動的に電話をかけて、お店に予約を入れるというものです。デモでは、美容院に予約を入れるケースとレストランに予約を入れるケースが披露されました。AIが電話をかけると、店員さんが電話に出て、自然な感じでAIとの会話が進み、日時を確定することができました。レストランの方は、最初のうちは店員さんが日にちと人数を勘違いするなど今ひとつ会話がかみ合いませんでしたが、最終的には直接来店という形でうまくやり取りが終了しています。

 現在、AIを活用した英語ベースでの会話は驚異的な水準までレベルが向上しており、AIであると事前に知らされなければ、相手がAIであることを見破るのはかなり難しくなっています。日本語のAI能力はまだこの段階に達していませんから、日本語環境での実現は少し先になるかもしれませんが、それも時間の問題でしょう。

 このサービスが登場すると、飲食店のビジネス環境が大きく変わる可能性があります。利用者の中には、電話が苦手な人や、電話をかけるのが面倒だという人が一定数存在しており、ネット予約システムを持っていないと、こうした利用者を取り込むことができませんでした。つまり小規模でITインフラのないお店は、ネット社会では不利だったわけです。

 しかしながら、本人に代わってAIが自動予約できるということになると話は変わってきます。利用者はより多くのお店から選択できますし、お店の側も予約システムが不要となります。双方ともに機会が拡大するのは間違いないでしょう。

 当然ですが、この技術はあらゆる場面に応用が可能です。アポイントの調整なども、すべて自動で行われるようになる日もそれほど遠くないかもしれません。

(The Capital Tribune Japan)