動画をもっと見る

  16日午後、第31回三島由紀夫賞と山本周五郎賞が発表され、三島由紀夫賞に古谷田奈月氏の「無限の玄」、山本周五郎賞に小川哲氏の「ゲームの王国(上下)」が選ばれた。

[画像] 三島由紀夫賞に古谷田奈月氏(左)、山本周五郎賞に小川哲氏(右)が選ばれた

 昨年4月から今年3月までの1年間に発表された文学作品から選ばれ、三島賞は文学の前途を拓く新鋭の作品に対して、山本賞はすぐれて物語性を有する新しい作品に対して授与される。

 候補作品は以下の通り(敬称略)。

【三島由紀夫賞 候補作品】
・服部文祥「息子と狩猟に」(新潮社)
・古川真人「四時過ぎの船」(新潮社)
・高橋弘希「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」(講談社)
・飴屋法水「彼の娘」(文芸春秋)
・古谷田奈月「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)

【山本周五郎賞 候補作品】
・呉勝浩「ライオン・ブルー」(KADOKAWA)
・万城目学「パーマネント神喜劇」(新潮社)
・小川哲「ゲームの王国(上下)」(早川書房)
・月村了衛「機龍警察 狼眼殺手」(早川書房)
・瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」(文芸春秋)

※THE PAGEでは受賞者の会見を16日午後6時ごろからライブ配信します。