アメフト反則タックル問題で日大選手が会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学による定期戦で、関学大選手が悪質なタックルでけがをした問題で、この反則行為をした日大選手が22日午後2時45分から、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した。

 この問題をめぐっては、17日に関学大が会見し、日大監督の被害選手への謝罪と監督指示の有無について再確認を求めた。19日には日大の内田正人監督が関学大側に謝罪し、監督辞任を表明したが、反則行為が監督の指示かについては「文書で回答する」などと答えなかった。

 21日には、けがをした関学大選手側が警察に被害届を提出。父親が会見し「加害選手がなぜあそこまで追い込まれたのか。真実を聞きたい」と述べた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題で日大選手が記者会見 」に対応しております。

【中継録画】アメフト反則タックル問題で日大選手が記者会見

会見の進行の説明

司会:お待たせしました。それでは会見を始めます。ご存じのように今月の6日に行われました日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの試合で、日本大学の反則によって関西学院大の選手が負傷し、目下、大きな社会問題となっております。本日はこのとき反則を犯し、退場処分を受けた日大の選手ご本人が会見者としてお越しです。試合後、マスコミの取材には応じてこられませんでしたが、代理人を通じて日本記者クラブで会見したいというご希望がありましたので、真実を知るためには当事者であるご本人の説明が不可欠とこちらも判断いたしまして、本日の会見をお受けいたしました。

 当クラブでは、これまで会見者側から弁護士同伴の要望があった場合、会場内での待機は認めても、壇上での同席ではお断りしてまいりました。しかし今回は会見者が二十歳になったばかりの学生さんであり、今後の責任問題などを考慮して、代理人である弁護士の壇上での同席を認めることにいたしました。なお、これは今回だけの特例でありまして、前例とはならないことを当クラブとして明確にお伝えしておきたいと思います。

 次に進行ですけれども、最初に代理人の方から本日の会見に至った経緯をお話しいただき、続いてご本人から陳述書を読み上げる形で、今回の反則に関する事実関係を説明してもらいます。その後、会場から質問をお受けいたします。申し遅れましたが、司会を務めます私は当クラブ企画委員のスポーツニッポン新聞社、宮内と申します。どうぞよろしくお願いいたします。それでは代理人の方、どうぞ。