カンヌ映画祭で最高賞受賞 是枝監督が凱旋会見(THE PAGE)

 フランスで開かれていたカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督が23日夜、日本に帰国し、凱旋会見を行った。

 今回の受賞作は、東京の下町を舞台に、万引きなどを繰り返して生計を立てる一見慎ましやかな「家族」の姿を描いた物語。6月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか、全国で公開される。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】カンヌ映画祭パルムドール受賞 是枝監督が凱旋会見」に対応しております。

     ◇     ◇

日本テレビ:日本テレビ『ZIP!』の松井と申します。パルムドールの受賞おめでとうございます。

是枝:ありがとうございます。

日本テレビ:日本でも城桧吏さんの演技がすごく注目されていますが、監督が城桧吏さんに驚かされたこと等はありますでしょうか。

是枝:城君。言葉が難しいんだけど、レンズを通すとすごく色っぽい。普段会ってると本当に天真爛漫な、むしろ幼いぐらいの男の子なんですけれども、レンズ通すと非常に色気があるなっていうのが最初の印象。

【中継録画】カンヌ映画祭パルムドール受賞 是枝監督が凱旋会見