反則タックル問題で日大・内田監督らが会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大が23日午後8時から緊急会見を行う。内田正人前監督と井上奨コーチが出席した。

 前日の22日には、反則行為をした日大選手が都内で会見を行っており、被害選手に謝罪をし、反則は監督とコーチの指示だったことなどを説明していた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見 」に対応しております。

【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見

登壇者の紹介とあいさつ

司会:どうも、足元、お悪い中、遅く、遅い時間においでいただき、ありがとうございます。これから私どもの反則タックルについての、アメリカンフットボールの会見を行いたいと思います。会見に出るのは内田正人監督、それから井上奨コーチでございます。こちらに同席しているのは弁護士で、教務部法務課監査担当をしておられる【カガミ 00:02:35】です。弁護士でございます。

 では最初にこちらからお話を申し上げたいと思うんで、まず、内田監督お願いします。前監督でございますけど。マイクを。

内田:本日はお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。一連の今回の問題につきまして、関西学院大学アメリカンフットボール部のけがをされた選手の方、そしてそのお父さん、お母さん、ご家族の方に対しましては、誠に申し訳ございませんでした。

 そして、関西学院大学アメリカンフットボール部の皆さま、関係者の皆さまに対しても、誠に申し訳ございませんでした。

 そして昨日、会見されました、あのように気持ちにさせてしまった宮川くんの気持ち、非常に私といたしましても申し訳なく、反省している次第でございます。宮川くんに対しましても、指導者といたしまして、誠に申し訳ございませんでした。

司会:井上コーチからも一言。

井上:このたびは関西学院大学アメリカンフットボール部、この件で負傷されたクオーターバックの選手、そして、その選手の父兄の方々、家族の方々、本当に申し訳ございませんでした。

 また関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆さま、本当に申し訳ございませんでした。
 そして、昨日、あのような形で会見するに至ってしまいました宮川選手、家族の方々、本当に申し訳ございませんでした。

 この件は私の未熟な指導、未熟な人間性で起こったことだと思っております。詳細につきましては質疑応答でお答えさせていただきます。

司会:では質疑応答に移りたいと思います。挙手していただいて、所属会社とお名前を言ってください。そうですね、じゃあ【****00:0712】どうぞ。マイク、今、持っていきます。こちらの方。