反則タックル問題で日大・内田前監督らが会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大が23日午後8時から緊急会見を行う。内田正人前監督と井上奨コーチが出席した。

 前日の22日には、反則行為をした日大選手が都内で会見を行っており、被害選手に謝罪をし、反則は監督とコーチの指示だったことなどを説明していた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見 」に対応しております。

【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見

交代をすることになった関学の選手に対して何か思うことあったのか

日本テレビ:すいません、よろしいですか。

司会:どうぞ、やってください。

日本テレビ:日本テレビ、『NEWS ZERO』の小正と申します。井上コーチに伺います。

井上:はい。

日本テレビ:選手がクオーターバックの選手に対してタックルをした、その様子を見ていらっしゃったということですけれども、交代をすることになった関学の選手に対して何か思うことはありましたか。

井上:そのときは、本当に宮川選手のことしか考えておりませんでした。彼を成長させたいということだけでした。今は本当に申し訳ないと思っております。

司会:じゃあ次、後ろですか。

日本テレビ:引き続き伺います。内田前監督に伺いますけれども、反則行為が相次いだ試合を振り返ったときに、関学側に自ら何か謝罪、あるいは行動しようというような思いはなかったんでしょうか。

内田:はっきり、あの日で認識できたのは最後のその小競り合いしか、正直言いまして、そのほかのプレーは、あとでビデオで確認したっていうのが正直なところでございます。

司会:ほかの、次の方。

日本テレビ:すいません。そのプレーに関してですけれども、監督自身が動画などで確認したのはいつの時点ですか。

内田:実は9日ぐらいだと思います。その前にネットかなんかで流れたのは見ました。ですが、それが不審というか、本当なのかなという、僕もその当時、考えましたんで、その次の日に確認はしました。

日本テレビ:それまでの間に、コーチなどから報告というのはなかったんでしょうか。

内田:実は私のほうに、ネットにこういうビデオが出てますよっていうのは報告はありました。それで、なんでというのがそのときの正直な気持ちです。

司会:あまり1人の方が聞かれると時間がなくなるので、ほかの方に回してください。ちょっと、後ろの方で。