反則タックル問題で日大・内田前監督らが会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大が23日午後8時から緊急会見を行う。内田正人前監督と井上奨コーチが出席した。

 前日の22日には、反則行為をした日大選手が都内で会見を行っており、被害選手に謝罪をし、反則は監督とコーチの指示だったことなどを説明していた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見 」に対応しております。

【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見

QBがけがをするようなことを示唆する言葉を使ったのか

日刊スポーツ:日刊スポーツの三須と申します。こちらです。何度も井上コーチに聞かれてると思うんですが、非常に重要な点なので最後に確認するんですが、宮川選手が、相手のQBがけがをして、秋の試合に出られなくなったらこっちの得だろう、という発言をされたとおっしゃっていますが、先ほど井上コーチは、損得の話はしてないというようにしていますが、重要なのは相手のけがを示唆するような発言が重要だと思うんですね。この相手のQBがけがをするようなことを示唆する言葉を、つまりけがという言葉を使ったんでしょうか。刑事告訴された場合に、非常に重要な点になると思うんですけども。

井上:けがという言葉を正直、どの場面で使ったかっていうのは覚えてません。その言葉だけ彼に単体で伝えたっていうわけじゃなくて、本当に長い言葉で、彼にいろいろ話をしてた中で、それが目的じゃ、負傷させることが目的じゃないんですが、そのような過激な表現をしたということは事実です。

日刊スポーツ:じゃあ、けがという言葉を使ったということですね。

井上:いえ、そこが正直なところ、けがっていう言葉を使ったか使ってないかっていうのは、正直僕は覚えておりません。

日刊スポーツ:覚えてないんですね、じゃあ。回答は。否定もしないっていうことですね。

井上:はい、覚えておりません。

日刊スポーツ:もう1つ、すいません。きのうファクスで、報道各社に流してきた、1つ目の1プレー目でQBをつぶせという言葉は、本学アメリカンフットボール部ではよく使う言葉だとおっしゃってますけども、これは、つぶせという言葉はアメリカンフットボール部の業界用語として以前に、非常に日本語として過激な言葉だと思うんですが、先ほど内田監督も、過激な言葉でもルールは守るというのが前提だとおっしゃってますけども、それだと非常に首脳陣側に都合が良い解釈であって、要は非常に強権下、まったく逆らえない状況に置かれている弱い立場の選手たちが、このつぶせという言葉を聞いたときに、本気でけがをさせるぐらいに強くいかなきゃいけない。というように解釈すると思うんですね。自分たち側の都合のいいような解釈で弁明するっていうのはどうなんでしょうか。

内田:先ほどから言っております、ルールを守るというのは、コーチであろうと選手であろうと、基本でありますので、都合のいい解釈というのはちょっとないと思います。

日刊スポーツ:ルールを守るというのは、コーチも選手も一緒だとおっしゃるんですけど。

内田:一緒です。

日刊スポーツ:つぶせという言葉はルール上、よろしいんですか。

内田:ほかの大学はどうかは分かりませんが、往々にしてそういう言葉を使うと思います。それで、つぶすという言葉はたぶん日本大学だけではなくて、ほかの大学も使ってるんじゃないかと思います。

日刊スポーツ:ありがとうございます。