反則タックル問題で日大・内田前監督らが会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大が23日午後8時から緊急会見を行う。内田正人前監督と井上奨コーチが出席した。

 前日の22日には、反則行為をした日大選手が都内で会見を行っており、被害選手に謝罪をし、反則は監督とコーチの指示だったことなどを説明していた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見 」に対応しております。

【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが緊急会見

監督からやらなきゃ意味ないよというふうに報告された記憶はあるのか

記者2:すみません。【****のキムラ 01:37:35】です。

司会:これで終わりますよ。

記者2:すいません、コーチに。すいません、これだけお願いします。認識の違いとはいえ、矛盾が生じていることは事実だと思います。今、宮川選手はこの会見をおそらく見ていると思います。恩師に対して裏切られたと思っているかもしれません。今までの一連の発言に関して、例えば監督をかばうような形であったり、忖度しようとしたり、隠していたり、うそを言っていないと胸を張って言えますか。

井上:はい。実際、私はけがをさせるために彼に伝えたんではございません。彼を、彼の闘争心と彼を試合でチャレンジさせるために掛けた言葉です。

記者2:ということは宮川くんとの事実のその感覚のずれがあるということで、このまま平行線をたどるかもしれないんです。彼のアメフト人生を結果的には奪っているかもしれないんです、今現在。それに対して心の痛みはありませんか。

司会:すいません、その仮定の質問はちょっとやめてください。

記者2:失礼しました。

司会:で、もうこれで9時半過ぎましたんで、1時間半以上やってます。で、これでもう終わりにしたいと思います。

記者3:いったんはちゃんと質問させてもらえませんか。

司会:え?

記者3:今日は皆さん見てるので、1人1問にちゃんとしますから。

司会:じゃあ、この何十人もいるの全部やるんですか。何時間かかっても分からないじゃないですか。無理ですよ、ここにみんな手、上げてるんだから。あと30人、40人。

記者4:すいません、なんか同じ社で質問が回っていて、質問できないところがいるので、1問にしますんでお願いします。で、それですぐ回していきますので、もう少しお願いします。

司会:もう終わりにします。

記者3:刑事事件にもなってるような話なので、こちらもちゃんと短くしますので。

記者4:監督に決めてもらいたいんですけれども、会見を続けるかどうか。

司会:いやいやもう。

内田:どうぞ。

記者4:監督に決めていただきたいんですけれども。司会の方じゃなくて、監督に会見を続けるか決めていただきたいんですけれども。

司会:もう少し1人1問でやってください。

読売新聞:ありがとうございます。読売新聞の【イシイ 01:39:59】と申します。5月6日の試合当日なんですけれども、監督が、そのやらなきゃ意味ないよと言ったということについて、先ほど監督は否定されました。で、きのうの会見だと、選手が監督と会ったあとに井上コーチに会って、監督と話したことと、監督からやらなきゃ意味ないよと言われたことを伝えたと。で、さらにその井上コーチに対して、クオーターバックに突っ込みますよという確認をしたという話です。で、監督の認識は先ほど分かったんですけれども、井上コーチ、その選手と会ったときに、監督からやらなきゃ意味ないよというふうに報告された記憶、ありますか。

井上:試合に、監督のほうが言ったっていうのはもちろん僕、知ってます。はい。で、帰って来て、で、試合に出るということを僕は話したと思うんですけど、どういう会話をしたっていうのは、監督が言ってきたんかと。で、言ってきましたと。で、そのあとにリードの話になったのかなと。リードとか、思い切りいっていいですかと。そういう話を記憶しております。

読売新聞:普通、監督がやらなきゃ意味ないよと、監督がなんて言ってたっていうことは確認すると思うんですけど、その記憶はないということですか。

井上:実際、監督のところへ行きますということが僕の中では大事のことやと彼に対して思ってましたので、はい。

読売新聞:聞いてないということですね。

井上:そうですね。はい。

読売新聞:分かりました。

司会:あと少しにしてください。