動画をもっと見る

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大から再回答書を受け取った関西学院大学が26日午後3時から会見を行う。

[画像]会見に臨んだ、右から関学大の鳥内監督、小野ディレクター、そして被害選手の父親

 関学大の会見は17日に続いて3回目。前回会見では、悪質タックルが日大監督の指示だったのかどうかなどについて再確認を求めていた。

 会見には鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターのほか、被害選手の父親である奥野康俊氏も出席する予定。

 まず最初に、関学大が日大の再回答書を受けた今後の対応などを説明する会見を行い、その後に奥野氏が嘆願書に関する訴えについて会見する。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

動画をもっと見る