反則タックル問題、日大学長が会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大の大塚吉兵衛(※)学長(73)が25日午後3時半から記者会見を行った。

 この問題では、関西学院大学との定期戦で反則タックルをした日大の選手が22日に記者会見し、内田前監督と井上コーチから指示を受けたと訴えた。一方、内田前監督らは翌日の23日夜に急きょ会見を開き、指示を否定している。

 日大は24日に反則指示はしていないとの再回答書を関学側に提出しており、これを受けて関学と被害選手の父親が26日に会見を開く予定。

(※)…「吉」の漢字は上が「土」

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の大塚学長が会見」に対応しております。

【写真】タックル問題で日大学長が会見(全文4)甲子園ボウルVから半年で何が起きたか

今日、なぜこのタイミングで緊急会見を開こうと思ったのか

フジテレビ:フジテレビの【ミヤザワ 00:35:58】と申します。よろしくお願いします。きのうは父母会の会見があり、明日は関西学院大学の会見がまた行われる予定ですが、どうして今日、このタイミングで緊急記者会見を開こうと思われたのでしょうか。

大塚:夜になってから父母会というものが通知されておりませんでしたので、ニュースで知ったような状況で、正直申しまして。それでこういうことが行われているということであれば、これはこういう会見、あるいはホームページの掲示、このようなことをまずこちらとしてもすべきではないかということで、急遽この会見というのは、私としては考えたということでございます。

 ホームページの作成というのは考えておりました。私からいわゆる、この事案の内容についてのコメントはできないので、どういうふうに皆さんに集まっていただくかというのは、ちょっとなかなか思い浮かばなかったんですけれども、父母会もこういうことを言っているということが出てきましたので、これはもう、私が会見すべきではないかなと感じて、このようなことに至ったということでご理解をいただければと思います。

フジテレビ:すいません。勇気を振り絞って会見を開いた選手、対応なども見て、もう少し早く学校として、学長として対応ができたのではないかという考えはおありでしょうか。

大塚:話の冒頭にも申したとおり、部と部の文章のやり取りということに、任せてしまったというような、もうこの案内っていうか、部長と監督への質問状みたいな形で、応対をしておりましたので、そちらでよろしくお願いしますという形で済ませてしまったという意味で私も責任があるというふうに考えております。

司会:ありがとうございました。次の方、お願いします。