反則タックル問題、日大学長が会見(THE PAGE)

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大の大塚吉兵衛(※)学長(73)が25日午後3時半から記者会見を行った。

 この問題では、関西学院大学との定期戦で反則タックルをした日大の選手が22日に記者会見し、内田前監督と井上コーチから指示を受けたと訴えた。一方、内田前監督らは翌日の23日夜に急きょ会見を開き、指示を否定している。

 日大は24日に反則指示はしていないとの再回答書を関学側に提出しており、これを受けて関学と被害選手の父親が26日に会見を開く予定。

(※)…「吉」の漢字は上が「土」

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】アメフト反則タックル問題 日大の大塚学長が会見」に対応しております。

【写真】タックル問題で日大学長が会見(全文6)逆に内田監督も追い込まれてたのでは

内田前監督会見での司会者と記者のやり取りの感想は?

朝日新聞:朝日新聞の【ミネトシ 01:17:18】と申します。先日の内田前監督の会見をご覧になってたということなんですけども、司会の方と記者とのやりとりを聞いた、まず感想を聞かせていただけますか。

大塚:難しい。まず僕は想像でしか言えませんけども、番組ごとに同じ会社が別な絵を撮りたがってるというか、ちょっとそこに対して1社でまとまってきてくれればなというような気持ちが強くてですね。同じ局なのに3つ、4つ番組ごとにクルーが分かれてて、同じ質問を、自分の番組の絵にしたいというようなことが、ちょっといらついたのかなと。いや、どうお考えなのか分かりませんけれども、そこら辺があとで伺ったら、なんであのような声が出たんですかって言ったら、そういうところが【**01:18:29】。そんなに長く説明をいただいたわけではないんですが。

 実は絵を撮るというのは番組ごとに絵を撮ってるんだよという、自分のところの質問者が質問してる絵が欲しいんだというような説明をしてたものですから、ああ、そうなんですかと。今日もこれ、分かりませんけども、私は。そういう形で来てるというマスコミさんは、そうなんですかねという話で終わりましたけども。そんなところであの態度が出たのではないかなと。

朝日新聞:今回の一連の問題【****01:19:03】、危機管理への対応ということも話題になってるわけですけども、その司会の方の対応を危機管理の面からについて、どのように感じてますか。

大塚:この間の司会ですか。司会の在り方とかですか、今の。

朝日新聞:この間の司会の方の対応を危機管理の面からどのようにお考えでしょうか。

大塚:そういう意味ではご指摘されてるように、もうそういう意味でマスコミ側からとかっていう視点から見たら、まったく無責任だというか、途中でシャットしたということでありますけれども、なかなか難しいですね。僕もああいう在り方というのは、いいのか悪いのかって白黒つけろって言われると、態度としては良くなかったとは思っておりますけれども、同じ質問を繰り返しているということと、たぶんあとは状況ですかね。体調とか、内田監督の体調とか、そういうのを気遣った面もあろうかと思いますけれども、もう十分ではないかということで、あのような態度がつい出てしまったのかなというふうに感じているところです。

司会:それでは次の方にお願いしたいと思います。