[画像]会見する関学大・鳥内監督

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大から再回答書を受け取った関西学院大学が26日、兵庫県西宮市の同大で会見を行った。

 小野宏ディレクターは、タックルは指導陣と選手の理解の乖離が原因とする日大の再回答を「真実とは到底認識できない」と述べ、今後の対応について、日大との定期戦も「信頼関係を取り戻すまで中止する」ことを表明した。

 関学大の会見は17日に続いて3回目。前回会見では、悪質タックルが日大監督の指示だったのかどうかなどについて再確認を求めていた。会見は小野ディレクターのほか、鳥内秀晃監督が出席。

 関学大の会見の後には、被害選手の父親である奥野康俊氏が会見し、この問題で警察に被害届を出していることに関して、関学大選手をけがさせた日大選手の「寛大な処分」を求める嘆願書を募ることを明らかにした。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは【中継録画】タックル問題、日大再回答で関学大が会見 被害選手の父も出席」に対応しております。

【写真】日大再回答で関学大が会見(全文3)スポーツに忖度は絶対あってはならない

日大からの再回答書を読んだ率直な感想は?

小野:それでは、続きまして質疑応答に入らせていただきたいと思います。質問に当たりましては、社名とお名前を言っていただいて質問していただければと思います。ではどうぞ、よろしくお願いいたします。

フジテレビ:すいません、フジテレビの【タナカ 00:16:06】と申します。監督のほうが、まずはこの再回答書を読んだ、率直な思い、感想というのはございますか。

鳥内:今お答えしたように、あまり前の回答と変わりがないなというのが印象です。

フジテレビ:それじゃあこれの内容では受け取れないというのが答えということですか。

鳥内:そうですよね。だから第三者機関にちゃんと調査していただきたいなと思います。

フジテレビ:前回の会見では日大との信頼関係は崩壊したというお話もありましたけれども、あらためてこの再回答書を受け取って、日大との信頼関係はいかがでしょうか。

鳥内:前回と変わりません。

フジテレビ:じゃあ、信頼関係は築けてないと。

鳥内:今のところはそうですね。