[写真]保釈会見で涙を流す妻の諄子被告(左)(撮影:柳曽文隆)

 学校法人森友学園をめぐる補助金詐欺事件で、大阪拘置所に約10か月間勾留されていた同学園の前理事長、籠池泰典被告と妻の諄子被告が25日夕に保釈された。同日午後8時から大阪市内で会見した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】籠池前理事長夫妻が保釈され大阪市内で会見」に対応しております。
     ◇     ◇

幹事社:それでは重複する部分もあるかと思うんですけれども、あらためて質問を何問か、時間の許す限りさせていただきたいと思います。まずはお2人に伺います。今も少しありましたが、およそ300日という長期間の勾留、今日保釈されたお気持ちをあらためてお聞かせください。ではまず泰典被告、お願いします。

籠池泰典:どこで言ってはるのかな。

男性:あちらの。

籠池泰典:ああ、あそこですかね。いや、ようやく拘置所から出してもらったなという感じがあります。長いなと。皆さん方、300日間というと、ああ、まだ1年たってへんのかというふうに思っていらっしゃるか分かりませんけれども、非常に苦痛であります。3畳よりちょっと大きめの部屋に

【写真】籠池夫妻が保釈会見(全文3完)お父さんと結婚して良かった。私、幸せです