[画像]会見する関学被害選手父の奥野氏

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大から再回答書を受け取った関西学院大学が26日、兵庫県西宮市の同大で会見を行った。

 小野宏ディレクターは、タックルは指導陣と選手の理解の乖離が原因とする日大の再回答を「真実とは到底認識できない」と述べ、今後の対応について、日大との定期戦も「信頼関係を取り戻すまで中止する」ことを表明した。

 関学大の会見は17日に続いて3回目。前回会見では、悪質タックルが日大監督の指示だったのかどうかなどについて再確認を求めていた。会見は小野ディレクターのほか、鳥内秀晃監督が出席。

 関学大の会見の後には、被害選手の父親である奥野康俊氏が会見し、この問題で警察に被害届を出していることに関して、関学大選手をけがさせた日大選手の「寛大な処分」を求める嘆願書を募ることを明らかにした。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは【中継録画】タックル問題、日大再回答で関学大が会見 被害選手の父も出席」に対応しております。

【写真】関学被害選手の父親が会見(全文3完)問題は根深い。日本社会の縮図ありそう

刑事告訴するかはまだ検討中ということか?

NHK:NHKの【*****01:45:52】お願いします。刑事告訴についてはまだ検討中ということでよろしいですか。

奥野:はい。先ほどの関学サイドのご説明もありましたように、日大いかんの対応によってはということで、その状況は変わっておりません。皆さんが一連の数々の会見をご覧になられて、そこで思われることと同じ思いだと思います。やはり以前の会見で申し上げたように、もやもやとした形で釈然としない。それが全てだと思います。

NHK:今後もし、出すという方針になるっていうのは、どういう形になったら出す、なんか判断があれば。

奥野:私はもう真相究明ということも大事ですけども、正直申し上げて、今の時点で取り下げている状態がもう、明白にそうなっているんだという、この時期で。でも今、この会見を開いていること事態が信じられない状況です。冒頭申し上げたように、選手たちも試合ができなく、アメフト部に所属しているっていうのは考えられなくて、ひいては日大の学生たちの就職の問題や、あるいは進学を決めていた子供たちもいろんな意味でいい方向にはいってないと思うんですね。早く収束させるのは、大人たちの表に出せない事情があるならば、それを堂々と発言いただいて収束に向かっていただきたいというのが気持ちです。