動画をもっと見る

 アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大が所属する関東学生連盟が29日夕、臨時理事会を開き、日大関係者らの処分を決定する。臨時理事会の終了後、午後8時半をめどに記者会見を開き、処分内容などについて説明する。

[写真]日大指導陣らの処分に関して記者の質問に答える柿澤理事長(右)

 会見には学生連盟の柿澤優二理事長、森本啓司専務理事らが出席する。

 報道によると、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチの「除名」処分が検討されているという。

本日の臨時理事会で承認された処罰の内容(配布資料の一部分)

[画像]臨時理事会で承認された処罰の内容(報道陣に配布された資料の一部分)

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。