大坂なおみにサプライズの予感が(写真・アフロ)

「エンターテインメントな試合になるんじゃないかしら?」

 初戦の対戦相手について問われた時、大坂なおみはそう言うと目尻を下げて、口角をキュッとあげた。初めてシード選手として挑む、全仏オープン開幕直前での会見の一幕だ。

 1回戦であたるソフィア・ケニンは、大坂より1歳年少の19歳。米国フロリダ州の同じエリアで育ち、一時期は同じ拠点でともに練習したこともある仲だ。ストロークは安定し、どんなボールも追うファイターで、ドロップショットを巧みに操るテクニシャンでもある……そんな印象を抱いていた同世代との顔合わせを控え、大坂はまるで「楽しんでいってね」と訴えるかのように、悠揚な笑みを浮かべていた。

 シード選手の肩書きがそうさせたのか、実際に初戦のコートに立った時、大坂は「普通じゃない」緊張感に襲われていたという。「凄く負けたくない」という結果への執着と同時に、「凄く良いプレーがしたい」という理想への欲求もいつも以上に胸を占める。その緊張感は大坂に、硬さではなく、集中力をもたらした。コースに変化をつけながら打ち合いを制御し、好機が訪れると見るやトリガーを引くように強打を放つ大坂が、第1セットを6-2で奪い取った。

 31分しか要さなかった第1セットが終わった時、ケニンは長い長いトイレブレークを取る。
 ウェアを着替え、ようやくコートに戻ってきたケニンは、第2セットに入ると一球ごとに声をあげて自らを鼓舞しながら、攻撃的に攻めてきた。大坂が警戒していたドロップショットは滅多に打たないが、ストレートに撃ち込まれる強打の精度が高い。第1セットの展開を鏡写ししたように、第2セットはケニンが5-1と一気にリードを広げた。

 この時、大坂の脳裏を「第2セットは捨てて、第3セットに集中しよう」との思いが一瞬よぎった。だが、全仏オープンも3度目の出場となる大会第21シードは、ふと思う。

「対戦相手は私よりも若い。セットが取れそうになり緊張している。もしプレッシャーを掛けていけば、なにか起こるかもしれない……」

 それは既にこのレベルの戦場に2年以上身を置き、ツアータイトルも獲得した経験があるからこそ生まれた発想だったろう。まずは、サーブのコースを修正することにより入る確率を引き上げ、リターンからも果敢に攻めた。すると大坂の読み通り、今年トップ100入りしたばかりの対戦相手は、硬さからかショットが途端に精度を欠く。その心のゆらぎを見逃さぬ大坂は、第11ゲームでは2本のエースを含む4連続ポイントで、相手に息を吹き返す間も与えず畳み掛けた。ゲームカウント1-5から6ゲーム連取し、その間、相手に与えたポイントはわずかに4。

 安定の展開から突如迎えた危機を経て、最後は猛攻による逆転劇――戦前に宣言していた通り、「エンターテインメント性」に満ちた試合運びを披露した大坂が、終わってみれば圧勝とも言える白星をつかみ取った。