動画をもっと見る

 日本サッカー協会は31日、6月14日に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨む日本代表メンバー23人を発表した。本田圭佑(パチューカ)や香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)、乾貴士(エイバル)らが選出されたが、浅野拓磨(シュツットガルト)、井手口陽介(レオネサ)らはメンバーから漏れた。

[写真]W杯メンバー23人を発表する西野監督

 東京都内で会見した西野朗監督は「総合的に来月の19日(の初戦)にパフォーマンスを出してくれる選手、いろんな可能性の中で選んだ。対戦国などを踏まえ、どんな絵を描けるか、可能性をたくさん持ちたい。ポリバレントということを言ったが、それを含めていろいろ考えたい」とさまざまな状況に対応できるよう、多くのオプションを持てる人選をしたことをにじませた。W杯では決勝トーナメント進出を目指すとした。

 発表された日本代表23人は以下の通り。

《GK》
川島永嗣(メス・フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

《DF》
長友佑都(ガラタサライ・トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン・イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ・フランス)
酒井高徳(ハンブルク・ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

《MF》
長谷部誠(フランクフルト・ドイツ)
本田圭佑(パチューカ・メキシコ)
乾貴士(エイバル・スペイン)
香川真司(ドルトムント・ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ・ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ・ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ・スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

《FW》
岡崎慎司(レスター・イングランド)
大迫勇也(ブレーメン・ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ・ドイツ)

6月14日開幕、日本の初戦は19日

 W杯は32チームが出場し、6月14日に開幕、7月15日の決勝戦まで約1か月の間、熱戦が繰り広げられる。日本(FIFAランキング60位)は、ポーランド(同10位)、コロンビア(同16位)、セネガル(同28位)と同組のグループH。

 日本の初戦の相手はコロンビアで6月19日午後9時(日本時間)から。第2戦はセネガル(25日午前0時から)、第3戦はポーランド(28日午後11時から)で、上位2チームが勝ち上がる決勝トーナメント進出をかけて戦う。

 W杯本番前に、スイス戦(6月8日)、パラグアイ戦(同12日)の2試合が予定されている。

2018FIFAワールドカップ ロシア(日本サッカー協会)