樹木希林(撮影:磯部正和)

 先日行われた第71回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールに輝いた映画『万引き家族』。本作で、圧倒的な存在感を示し、メガホンをとった是枝裕和監督が絶大なる信頼を寄せている女優が樹木希林だ。女優人生50年を超える大ベテランにして日本映画界の宝ともいえる存在だが、樹木は「地位や名誉なんて面倒くさい」と一蹴する。

 2008年公開の『歩いても 歩いても』で是枝監督とタッグを組んだとき、樹木は60代半ばに差し掛かっていた。そこから是枝作品には立て続けに出演しているが、その他にも、河瀬直美監督や原田眞人監督、沖田修一監督など、作家性の強い監督作品に出演している。

 「基本的に困っている制作チームから話をいただくと『私でよかったら』と言ってしまうんです。潤沢な資金がある映画だったら、私じゃなくたって、他にいい人がたくさんいるでしょ。原田さんも予定した女優さんがダメになって困っていた。河瀬さんも『予算がないんやけどね~』って言っていたので、誰も出る人がいないなら、という感じなんです」

樹木希林さん告白で注目「全身がん」って何?

芸人なんていうものは、スッと消えていったほうが良い

 是枝監督の『歩いても 歩いても』で数々の賞を受賞すると、その後も原田監督作品の『わが母の記』、河瀬監督作品の『あん』などが、多くの映画賞で高い評価を受けた。

 「トロフィも置き場所がないぐらいもらっちゃって、世間的にはいいのかもしれませんが、芸人なんていうものは、スッと消えていったほうが良いんじゃないかなと思っているんです。自分のなにかを残そうなんていうのは、面倒くさいものなのよ」

 こうした考えは芸能の世界に入ってから一貫しているようで「地位とか名誉とかを得ようという気持ちはありませんでした。どうせなら名誉より実のほうがいいですよ」と語ると「昔、郷ひろみちゃんと一緒にユニットを組んだとき、賞をいただいたのですが、私は『賞状とかトロフィはいりません。副賞だけでいいですから』っていったぐらい」と大笑いする。