スバルがデータ改ざんで新たな不正

 SUBARU(スバル)は5日、燃費・排ガス検査データの改ざん問題で新たな不正が判明したため、再調査を実施すると発表した。吉永泰之社長が午後5時から記者会見を行った。

  同社は群馬製作所の本工場と矢島工場での検査不正が発覚したことを受けて、4月27日に国土交通省に報告書を提出したが、この燃費・排ガス検査不正に関する社内調査で、(1)規定されている速度からの逸脱時間が許容される範囲を超えたにもかかわらず、有効な測定として処理、(2)試験室内の湿度が求められる範囲(30~75%)外の測定環境だったにもかかわらず、有効な測定として処理――の2つの不正行為が新たに見つかったという。

  ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】スバルがデータ改ざんで新たな不正 吉永社長がCEO退任へ」に対応しております。

     ◇     ◇

東洋経済新報社:東洋経済の森川です。3点お願いいたします。今回の2点の追加の再調査の事項について、いつ分かったのか、なぜ分かったのかをまずお願いいたします。先ほど、この問題がさらに拡大する可能性はないというふうにおっしゃっていたと思うんですけれども、どうしてそのように断定されたのか、その根拠を。あと、これで本当に最後、ほかの事例でも今、調査をしていることがあるのかどうか、あるのでしたらそれを教えていただきたいです。

 3つ目なんですけれども、以前、吉永社長が会長に退かれてCEOにとどまられるのは逃げないためだという、この問題にきちんと向き合うためだというふうにおっしゃっていたんだと思うんですけれども、それをあえて今回、方針を変えられてCEOを、中村新社長に譲られると。どういったご決断だったのか、その辺りを教えていただければと思います。

吉永:ありがとうございます。1問目のいつ分かったのか、なぜ分かったのかでございますけれども、5月の14、15、16だったと思いますけれども、国交省の監査が、国の監査だと思いますけれども、監査がございまして、その時点ですぐにおかしいということは私は言われてないです。

【中継録画】スバルがデータ改ざんで新たな不正 吉永社長がCEO退任へ