スバルがデータ改ざんで新たな不正

 SUBARU(スバル)は5日、燃費・排ガス検査データの改ざん問題で新たな不正が判明したため、再調査を実施すると発表した。吉永泰之社長が午後5時から記者会見を行った。

  同社は群馬製作所の本工場と矢島工場での検査不正が発覚したことを受けて、4月27日に国土交通省に報告書を提出したが、この燃費・排ガス検査不正に関する社内調査で、(1)規定されている速度からの逸脱時間が許容される範囲を超えたにもかかわらず、有効な測定として処理、(2)試験室内の湿度が求められる範囲(30~75%)外の測定環境だったにもかかわらず、有効な測定として処理――の2つの不正行為が新たに見つかったという。

  ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】スバルがデータ改ざんで新たな不正 吉永社長がCEO退任へ」に対応しております。

     ◇     ◇
テレビ朝日:テレビ朝日の【コン 00:45:14】と申します。今回、国土交通省から指摘された点は、具体的にこの点はどうかっていうことを問われたので、それに対して検査員なりが答えることができたということになるんでしょうか。今までの弁護士による調査では、もうそういう何か不適切なこと、不正をしているかというベースで聞いていたので答えがヒアリングで出てこなかったと、そういう認識でいらっしゃるってことなんですか。

吉永:そのとおりです。そうです。

テレビ朝日:ほかに、あと今回、輸出する車においては燃費排出ガスの測定を含めて、これ完成検査っていうのはしているんでしょうか。

【中継録画】スバルがデータ改ざんで新たな不正 吉永社長がCEO退任へ

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします