カンヌ最高賞の是枝裕和監督が会見

 先月、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督が、6日午後8時50分から外国特派員協会で記者会見を行う。

 日本人監督のパルムドール受賞は、1997 年の今村昌平監督の『うなぎ』以来21年ぶり。また、是枝監督作品としては5回目のコンペティション部門出品にして、初めてのパルムドール受賞となった。

 今作は、東京の下町を舞台に、万引きなどを繰り返して生計を立てる一見慎ましやかな「家族」の姿を描いた物語。6月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか、全国で公開される。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】カンヌ最高賞「万引き家族」の是枝裕和監督が会見 」に対応しております。

【中継録画】カンヌ最高賞「万引き家族」の是枝裕和監督が会見

次回作について

司会:(英語)

The Japan Times:これはとある雑誌のインタビューで読んだものなんですけれども、新しい企画が立ち上がりつつあると。そしてこれは欧州で撮影するという、ちょこちょこお話を聞いているのですが、これについて可能な範囲内で詳細を少し教えていただけますでしょうか。英語での映画だそうですけれども。

是枝:あ、次の企画。そうですか。まだ実は正式発表をする前の段階なのに、なぜかいろんなところから情報が漏れてるっていう、よく分からない状況になってまして、どこまでしゃべっていいのかっていうのがよく分からないんですが。秋にフランスで、フランスの、主にフランスの役者さんたちと映画を撮ろうということになってまして、6月終わりぐらいから僕はパリへ渡っていろいろ準備を始めるという流れにはなってます。まだちょっと具体的には。

 ちょっとよく分かんないんだよね。まだ全然発表してないのに、キャストから、キャストのギャラまで雑誌に載ってるという状況で、ちょっとびっくりしてるんですけどね。なので、このぐらいで勘弁してください。きちんと、たぶん来月ぐらいには正式に製作発表というのを開くつもりでおります。

司会:(英語)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします