日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第11回

モンゴル羊の純血を守っている種、ウジュムチン・ホェ二。中国では自然で育った、とても有名な安心な肉として知られている=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2011年7月撮影)

 遊牧民の彼らはウヘル(牛)、モリ(馬)、テメィ(ラクダ)、ホェニ(羊)とイマーガ(ヤギ)の5種類の家畜と共に生きる。これらをモンゴルでは「タボン・ホショー・マル」と言う。日本語に訳すと「5種の家畜」という意味だ。

 半世紀かけて、遊牧社会の家畜には恐ろしいことが進行している。さまざまな政治的なキャンペーンによって、従来からいた家畜の品種が改良されてきた。

 前述の遊牧民の「5種の家畜」は古くから伝わる品種が維持されてきた。それらは便宜上、「モンゴル馬」や「モンゴル牛」と呼ばれることが多い。地域によって若干の違いはあるものの、おおむね品種は類似していた。

 私が子供のころのチャハル地方では、尻尾が長くて細いフワフワの毛をした羊が飼われていた。中学生になって初めて、実はこれがモンゴルの従来からいた羊ではないことを知った。

 本来のモンゴルの羊は、大きな丸い尻尾を持ち、頭は黒か茶色が多い。特に、一番の特徴が尻尾の丸さだ。秋になると栄養分である脂肪をたっぷり尻尾に蓄えておいて、寒い冬を乗り越える。

 だがチャハル地方では1970年代、新疆産の羊が良質の毛を持っていることを理由に導入された。この新種の羊の導入によって、それまで飼われていたモンゴル羊はこの地域から完全に排除された。ところが、この新種の羊は寒さに弱かったという。

 何よりも、こうして従来から伝わる純粋な品種が失われていく事実に気づかずにいることが恐ろしいと思う。