動画をもっと見る

 長野県内の河川で6月から7月にかけてアユ釣りが相次いで解禁されます。同県上田市から東御市(とうみし)までの千曲川、依田川などは6月16日に解禁。県内外からの釣り客でにぎわい始めました。上田・小県(ちいさがた)地方の上小(じょうしょう)漁協が4月以降に放流した稚アユは順調に育っています。一方で、長野県内では最近、放流したアユの多くが姿を消す問題が表面化、今シーズンの動向によっては原因究明を求める声が強まりそうです。

●「珍しい」釣果ゼロ

[写真]アユ釣り解禁で依田川に集まった釣り客(16日)

 16日解禁となった上田市の千曲川支流・依田川では、釣り客がさっそく釣りざおを伸ばし、友釣りの妙味を味わっていました。

 上小漁協によると、4月から6月にかけて県水産試験場などで飼育された稚アユ3350キログラムを放流。これまでの調査で依田川で小さいもので体長12~13センチ、大きいのは18.5センチのアユを確認したとしています。

 「きれいな水の増水があると古いコケが流れて新しいコケが育ち、コケを餌とするアユが順調に育つ。逆に泥流などの増水があるとまずいですね」と同漁協。放流したアユの多くが姿を消してしまう問題では、「カワウなどの大きな鳥がアユを食べてしまうのか、ほかに原因があるのかはっきりしていない」と話しています。

[写真]急流に挑戦(依田川)

 放流アユの行方不明問題では、県内の漁協が危機感を強めており、漁協によっては「放流しても解禁日に数匹しか釣れないこともあり、釣り客の減少も招いている」といった声が出ています。

 この日も依田川では「半日挑戦したが釣果はゼロ」という釣り客も目立ちました。肌寒い天候だったこともあり「気温が低かったからだろう」という声も。

 ただ、埼玉県から30年も依田川の解禁に合わせて通っているという男性(64)は「午前10時から川に入ったが釣果ゼロで、びっくりしている。こんなことは珍しい。以前より川が汚れている気もする」と感想。地元の釣り客らも「川の汚れは確かに感じる。本流の千曲川はもっと汚れている」と話しました。